文藝春秋digital
ノストラダムスと呼ばれた女 ベストセラー漫画「私が見た未来」作者・たつき諒
見出し画像

ノストラダムスと呼ばれた女 ベストセラー漫画「私が見た未来」作者・たつき諒

文藝春秋digital
「大災害は2011年3月」という奇妙な夢を見たんです。/文・たつき諒 (マンガ家)

自分を予言者だとは思っていません

「幻の“予言漫画”復刻!!」

「本当の大災難は2025年7月にやってくる」

そんな帯がついた私のマンガ『私が見た未来 完全版』(飛鳥新社)が昨年10月に発売され、45万部のベストセラーになっています。過去に見た不思議な夢をベースにした作品です。

全国紙で「『たつき諒』現象」として取り上げられるなど反響は大きいですが、あまり自分のことという感じがしません。

そもそも私は、23年前にマンガ家業を引退しています。現在は福祉関係の仕事をしつつ、同居家族の介助をしながら暮らしている、67歳の“普通のおばちゃん”です。

ところが、引退した1999年に出した『私が見た未来』の表紙に「大災害は2011年3月」と書いていたことで、「東日本大震災を予言していた」と騒がれるようになりました。特に2年前、テレビ番組で取り上げられてからは、インターネット上で拡散され、親類の中高生の子たちからも「学校で話題になっているよ」と聞かされました。オークションでは10万円超で取引されていたそうです。

その番組はたまたま私も目にして「なんで私の作品が?」とビックリしましたが、インターネットは極力見ないようにしているので、騒動からは距離を置いていました。

この続きをみるには

この続き: 6,811文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。