見出し画像

数字の科学 キリンの種類|佐藤健太郎

文藝春秋digital
サイエンスライターの佐藤健太郎氏が世の中に存在する様々な「数字」のヒミツを分析します。

キリンの種類=4種

「今はもうブロントサウルスという種はない」と聞いて驚いたのは、何年前のことだっただろうか。ブロントサウルスといえば、筆者の子供の頃には恐竜の代表選手的な存在で、どの図鑑にもその姿が描かれていた。だが研究の結果、ブロントサウルスはアパトサウルスという恐竜と同一の種であったとして、その種名が消し去られてしまったのだ。

ところが最近になり、ブロントサウルスはいつの間にか復活していたらしい。詳しく骨格の特徴を調べ直したところ、アパトサウルスとはやはり別物だとして、ブロントサウルスの種名がよみがえったのだ。なんともややこしい話である。

もう一つの有名恐竜であるティラノサウルスにも、その分類に疑問が持ち上がっている。化石を詳しく調査した結果、ティラノサウルスの骨格は3種類に分類でき、それぞれ違う種だとする論文が発表されたのだ。この研究者は、これまでのティラノサウルス・レックス(王)に加え、ティラノサウルス・レジーナ(女王)及びインペラトル(皇帝)の名を提案している。とはいえこの分類に反対する者も多く、女王と皇帝が今後も生き残るかどうかはまだ定かではない。

この続きをみるには

この続き: 461文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。