母のこと|ちばてつや
見出し画像

母のこと|ちばてつや

著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、ちばてつやさん(漫画家)です。

母のこと

とにかく厳しい人でした。

そして「漫画」が大嫌いで、我が家には童話や世界文学全集など図書館みたいにどっさり揃っていたのにマンガ本は1冊もありませんでした。食べるとベロが染料で真っ赤に染まる、昔の駄菓子に近い感覚で見ていたのだと思います。子供たちは大好きで夢中になって欲しがるけど、身体には良くなさそうだと。

小学校に通い始めた2年生の秋。杉浦茂さんの「魔法のランプ」の豆本を道でたまたま拾って読んだときは、本当に衝撃でした。ページを開くと異国の魅力的な情景の中で登場人物たちが本当に生き生きと躍動していました。気がつけば家に帰るのも忘れ、最後まで一息に読み終わっていました。急いで帰宅し「この本、とっても面白いんだよ!」と母親に見せたのがいけなかった。一瞥するなりバリッ!と破り支度中の夕餉のかまどに焼べられてしまいました。

「マンガはダメーッ!」

あれは本当にがっかりしたなあ。

この続きをみるには

この続き: 532文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。