日本語探偵

飯間浩明の日本語探偵【は】「反社会的勢力」の共通認識を作ればいい

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。

【は】「反社会的勢力」の共通認識を作ればいい

「反社会的勢力」および略語の「反社」は、2019年に一気に広まったことばです。芸能人が事務所を通さない「闇営業」で反社の会合に参加していたことが盛んに報道されました。さらに、政府主催の「桜を見る会」に反社の関係者が参加した疑惑も指摘されました。

 この「反社会的勢力」とは何か。2007年の政府指針には〈暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人〉とあります。暴力団とか、半グレとか、特殊詐欺集団とか、そういう勢力ですね。今後、国語辞典で説明するなら、この指針の記述を踏まえるのがいいと、私は考えていました。

 ところが19年12月、政府は「反社会的勢力」の定義を問われて、〈あらかじめ限定的、かつ、統一的に定義することは困難〉との答弁書を閣議決定しました。〈その形態が多様であり、また、その時々の社会情勢に応じて変化し得る〉から、だそうです。政府が定義を避けたのは、「桜を見る会」にからんだ政治的な理由がありそうですが、それはここでは論じません。

 私はこの決定を知って非常に驚きました。「反社会的勢力」についての政府指針は、すでに企業などが反社と絶縁するための取り組みの基礎となっています。だからこそ、辞書でもこの指針の記述を参考にするのがいいと考えていました。それが今さら〈定義することは困難〉とはどういうこと?

ここから先は、有料コンテンツになります。今後、定期購読していただいた方限定のイベントなども予定しています。

★2020年2月号(1月配信)記事の目次はこちら

この続きをみるには

この続き: 614文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
4
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。