文藝春秋digital
【フル動画】「プーチンがゲームチェンジする『世界のエネルギー経済』」加谷珪一氏オンライン講義
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

【フル動画】「プーチンがゲームチェンジする『世界のエネルギー経済』」加谷珪一氏オンライン講義

文藝春秋digital

◆ウクライナ侵攻で露わになった“危険な経済ゲーム”

文藝春秋digitalは、3月4日(金)19時〜、経済評論家の加谷珪一さんによるオンライン講義「プーチンがゲームチェンジした『世界のエネルギー経済』」を開催しました。

《フル動画は本ページの一番下にあります》

2022年2月24日、ロシア軍がウクライナへの侵攻を始めました。首都キエフ近郊の空港など複数の箇所で戦闘が確認されており、キエフの北に位置するチェルノブイリ原子力発電所も占拠されました(※2月25日時点)。25日には、ウクライナのゼレンスキー大統領はビデオ声明で、侵攻によってウクライナ人137人が死亡したことを公表しています。

「今回の出来事は、政治的に見ればウクライナの欧州化をめぐるロシアと欧米の争いだが、再生可能エネルギーへのシフトとそれに伴う原油価格の動きという経済的な問題も絡んでいる」

加谷さんはこう指摘します。

ロシアは天然ガス産出量が世界第2位のエネルギー大国であり、アメリカ、サウジアラビアに次ぐ産油国でもあります。ドイツをはじめロシアの天然ガスに“依存”している先進国は少なくありません。欧州が目指す再生可能エネルギーへのシフトは一朝一夕に実現できるものではなく、世界的な資源価格の高騰が懸念されています。エネルギー問題を根本的な課題として抱えている日本への影響も例外ではありません。

経済制裁のダメージを回避するため、ロシアは周到に中国の金融システムへの依存度を高めていました。しかし、それがおよぼす西側経済への悪影響は避けられません。「ゲームチェンジ」をたくらむロシアが攪乱する世界経済は、今後どうなっていくのでしょうか。こうした“ウクライナ・ショック”をめぐる世界経済の今後を、加谷さんが解説します。ぜひご覧ください。

当日リアルタイムでイベントをご覧になれない方も、放送後にアーカイブ動画の配信を予定しています。本記事の有料部分にアップしますので、何度でもご覧いただけます。

◆イベント概要

イベント名:プーチンがゲームチェンジした「世界のエネルギー経済」

出演:加谷珪一

日時:3月4日(金)19時〜20時(予定)Zoomウェビナーを使用して開催します。完全オンラインイベントです。

料金:900円(文藝春秋digital定期購読内コンテンツ)※購読者の方は別途料金はかかりません。

◆フル動画

《この下に動画があります》

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。