世界経済の革命児 李斌(NIO創業者)|大西康之
見出し画像

世界経済の革命児 李斌(NIO創業者)|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、李斌(Li Bin・William Bin Li、NIO創業者)です。

「世界経済」ウィリアムリー(ロイター_アフロ)

李斌
©ロイター/アフロ

ネットの世界からEV製造へ乗り出した北京大卒の起業家

トヨタ自動車の豊田章男社長もしばしば訪れる欧州自動車レースの聖地、独ニュルブルクリンク・サーキットで、2017年5月にEV(電気自動車)で「世界最速」のタイムを叩き出したのは、どこの国のメーカーかご存知だろうか。

残念ながら日本メーカーではない。EVの代名詞と言われる米国のテスラでも、ドイツのポルシェやイタリアのフェラーリでもない。中国のEVベンチャーNextEVだ。

同社が作ったスポーツカータイプのEV「EP9」は、それまでイタリアのスーパーカー、ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテが持っていた最速タイム、6分52秒01を6秒以上も上回る6分45秒90の記録を叩き出し、「世界で1番速い市販車」の称号を手に入れた。市販車といっても生産台数はたったの6台。価格は120万ドル(およそ1億3300万円)だからビジネスとは呼べないし、その後、記録はイギリスのマクラーレンに更新された。それでもガソリン・エンジンのクルマが営々と積み上げてきた記録をいきなりぶち破るEVの登場には、世界中が度肝を抜かれた。

この続きをみるには

この続き: 1,223文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。