日本の顔|三浦雅士
見出し画像

日本の顔|三浦雅士

画像1

三浦雅士(みうらまさし・文芸評論家)

「言語の始原が詩であるなら、動作の始まりは舞踊である」

月刊誌「ユリイカ」「現代思想」で編集長を務め、劇作家の寺山修司や詩人の大岡信らと親交を深めていた三浦雅士(74)。80年代から文芸評論家として活躍するが、ニューヨークで偶然観たダンス公演をきっかけに、舞台芸術の虜となった。今や舞踊批評家としての顔も持つ。

「人間は、四つ這いから二足歩行で視線が高くなり、自分や他人の身体を認識するようになった。たとえば、これが手なんだ、どこまで伸びるだろうと。それを確かめられるのが舞踊。自らの意思で伸びやかに体を動かすことが、言葉以前の、人間の本能だと気づいてしまったんです」

農耕民族と狩猟民族の踊りの相違や、産業革命による踊り手の変遷など、舞踊だけにとどまらない話は誰もが聞き入ってしまう。寸暇を惜しんで劇場へ足を運ぶ姿は、自身も闘い続けるダンサーのようだ。

この続きをみるには

この続き: 283文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。