藤原正彦 揉み手して 古風堂々28
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

藤原正彦 揉み手して 古風堂々28

文・藤原正彦(作家・数学者)

新型コロナに対する国産ワクチンはなく、政府の不手際で輸入もままならぬため、感染者数は激増し第5波に突入した。無理を通して開いた東京オリンピックも無観客という未曽有の事態となった。テレビ観戦では外国でやっているのと変らない。知人の医学部教授でアメリカ帰りの男が数年前に言った言葉を思い出した。「手術の巧さは日本の方が上だが、薬はアメリカに負けている」。日本人の手術の巧さはアメリカで通った床屋や歯医者の指先の頼りなさから想像できたが、製薬で負けているというのは、最近の我が国の科学技術力低下を示唆しているようでショックだった。国産ワクチンが遅れているのも、手間や費用をかけ成功するかわからないワクチン開発に取り組む意欲や能力を、製薬会社は失くしてしまっているからだろう。ワクチンでこうなら他の薬品開発でも似たようなものに違いない。

ワクチン接種率トップクラスの英国は、新型コロナが猛威をふるい始めるや、早くも2020年4月には首相直下にワクチン緊急チームを発足させた。自身が新型コロナにかかり酸素吸入まで受けたジョンソン首相がパンデミック制圧にはワクチン、と脱兎のごとく走り出したのだ。チームは直ちに世界中に200数10もあったワクチン候補を評価し、大手かベンチャーかを問わず有望なものに投資した。特に有望なものには投資どころか事前購入にまで踏み切った。青田買いだ。こうして5億回分のワクチンをいち早く確保した。さらには打ち手不足を見込み、医療資格のない者でも短期の講習で注射を打てるよう法改正し、1万人の打ち手を速成した。同時に、パンデミックでサプライチェーンがずたずたになったのを見て、今後は他国からの供給に依存する訳にはいかないと、大学や製薬会社など国内拠点にワクチン開発のため巨額の助成金を交付した。もともと新自由主義型グローバリズムに懐疑的でEU離脱まで実行した首相は、パンデミックに「グローバリズムの終焉」と「国家主義の台頭」を確信したのだ。この頃我が国では、ワクチン開発支援としてわずか100億円余り、GoToトラベルには1兆3000億円の補正予算を組んだ。

この続きをみるには

この続き: 1,398文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。