安藤百福 研究小屋には失敗作の山 安藤宏基 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

安藤百福 研究小屋には失敗作の山 安藤宏基 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
チキンラーメンやカップヌードルを開発して国民食に育てた日清食品の創業者・安藤百福(1910~2007)。現社長の安藤宏基氏は、衰えない情熱を持った父の背中を見続けてきた。/文・安藤宏基(日清食品ホールディングス社長)

安藤宏基(語り手)

安藤氏

研究室とは名ばかりの家の離れの小屋で、創業者がチキンラーメンの開発に没頭していた時、私は小学生でした。黒焦げの麺、湯をかけても戻らない麺……失敗作が山になっていたことを思い出します。カップヌードル開発の際には様々な試作品のカップを毎晩持ち帰り、夜触り、朝起きて触り、「どう思う?」と私にも聞いてきました。何度失敗してもあきらめず、完成するまで続ける人でした。戦後の貧しい中、「食が満たされてこそ世の中が平和になる」という熱い思いがそれを成し遂げさせたのでしょう。「できる立場の者がやらないのは罪だ」と後年も繰り返していました。

チキンラーメンもカップヌードルも、「最初からここまで考えられていたのか」と未だに驚くことがあります。例えば、創業者はチキンラーメンを作る際、スープを麺に染み込ませることにこだわりました。スープの包装袋をなくすことで、CO2排出削減に役立つことになるのです。しかも、試行錯誤の末に発明した技術にもかかわらず、「野中の一本杉より森のほうが強い」と言ってその特許を公開し、世界中で製造されるようになりました。どこかで災害が起きると、現地の製造事業者が非常食としてカップ麺を拠出する世界的な枠組みまで作り上げたのです。

安藤百福

安藤百福

この続きをみるには

この続き: 221文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。