新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

アフターコロナを勝ち抜くための「積極的借金術」

不確実性の時代を、私たちはどう生きていけばいいのか。「いったい何をどのように備えればいいの?」と悩む人に贈るアドバイス。ネガティブなイメージがつきまとう「借金」こそが、あなたを救う!? 「経済はエンターテインメント」がモットーのDJ Nobbyがアフターコロナを勝ち抜くヒントをお届けします。

■DJ Nobby
Voicyチャンネル『きのうの経済を毎朝5分で!』(https://voicy.jp/channel/562)パーソナリティ。シティバンク・エヌ・エイに新卒入社し、外国為替ディーラーやクレジットリスク管理などを担当。その後東京金融取引所に転職、取引所FX「くりっく365」の取引監視や上場企画などの仕事に従事。現在は米系金融機関に勤務。 TOEIC990点。 芸能活動としては無所属でありながら、カバー人口1500万、国内FM58局、米国AM1局で放送されているラジオ番組、DJ Nobby's Tokyo LIVE!!のメインDJであり、全国2000組のミュージシャンが参加する音楽フェスMudiaの公式MC。 
 Twitter: https://twitter.com/787nobby

備えとしての「借金」

新型コロナウイルスの感染拡大が世界規模で進むなか、被害が比較的軽微な日本でも経済の縮小は続いています。今回の新型コロナウイルスに限らず、地震や気候変動など事前に予測することが不可能な出来事がこれからも発生することは、想像に難くありません。

「備えあれば憂いなし」とはいうものの、いったい何をどのように備えればよいのか、不安に感じている人も多いことでしょう。

そこでおすすめしたい備えの一つが「積極的に借金をすること」です。

借金はできるだけ避けたいと考える人は多いかもしれません。また、お金はすべてのトラブルを解決するわけでもありません。しかし、「借金」は、積極的に活用することでリスクを低減したりチャンスを手に入れたりすることも可能になるのです。

この記事では、積極的に借金をしてアフターコロナの世界を生き抜くヒントをお伝えしたいと思います。

20代で六本木にマンションを購入した理由

とはいえ、唐突に「借金をした方がいい」と言っても、困惑される方もいるでしょう。

どういうことかを説明する前に、あるエピソードを紹介したいと思います。

私は2004年に大学を卒業し、米系銀行で働き始めました。

当時はまだ金融実務に明るくなく、金融商品や会計に関する知識も一般的な大卒レベルと大きく変わりませんでした。

仕事を覚えることに必死だった新卒1年目の夏のことです。

同期の一人が六本木にマンションを購入したと聞きました。20代のうちは賃貸住宅に住むのが当たり前だと思っていた当時の私は、彼に「なぜそんなに早く不動産を購入するのか?」と尋ねました。

彼の答えはシンプルでした。

「バランスシートは大きいほうがいいに決まってるんだから、借金はできるときにしておかないと」

「バランスシートを大きくする」の意味

バランスシート、と聞くと「なんだか難しい話だな」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、難しく考える必要はありません。要するに、持っているお金と借りているお金の明細のことです。

家計をバランスシートで表した場合どのようになるでしょうか。

この続きをみるには

この続き: 2,972文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。