新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2度目の東京オリンピック|戸髙一成

文・戸髙一成(大和ミュージアム館長)

今年は東京で56年ぶりのオリンピックが行われるということであったが、新型コロナウイルス感染拡大の終息が見込めないまま。オリンピックの延期が発表され、残念な思いと同時に56年前の東京オリンピックの思い出がよみがえった。

東京でオリンピックが開催されることが決まり、突然のように東京中で煮えたぎるような工事が始まり、一気に首都高速や新幹線が出来た。土地の買収をする時間が無いために、首都高速は殆どが川の上に作られたのだが、日本橋の上に高速道路を作っているのを見て中学生だった私も、さすがにこれは酷いと思ったものだ。

1964年に、私は浅草橋の鳥越神社の近くにある、東京都立忍岡高校に入学したのだが、夏休み明けのある日全校生徒に知らせがあった。聞けば、東京オリンピックの予行演習が有るとのことで、正確に開会式にかかる時間を計るために、本番と全く同じ人数、全く同じスケジュールで開会式の予行演習をやるという。へーっと、他人事のように聞いていたら、何と都立高校の生徒を駆り出して、各国の選手団にするというのだ。

生徒はどの国の選手団になるかは全く分からないまま、ギリシャの次からはABCの国名順に、既に確定している選手団の人数を機械的に振り分けていたようだった。受験を控えた3年生は別にして、1年生を中心に選ばれ、2年生も入っていた。

数日後、発表があり、私は何と偶然にも355人しかいない日本選手団団員となった、ちょっと興奮したものだ。実際の予行演習は、10月3日で、良い天気だった。千駄ヶ谷の国立競技場には、制服姿の高校生が集められた。東京オリンピックの参加国は93か国、5152人の選手が参加したのだから、それだけの高校生が集められたことになる。当時男子は黒の詰襟の学生服で、私の高校の女子はブレザー姿。競技場の外で各国選手団に分けられて、プラカードを持った先導員に従って緊張しながらスタジアムに入った瞬間、本当に鼓動が早くなった。それでもキチンと列を乱さないように綺麗に行進しながら客席を見ると、観客席も一杯だった、何処かで募集したのだろうか。メインスタンドの前を通るときは、もう本物のオリンピック選手になったような気になっていたのだから、高校生は暢気なものだ。

この続きをみるには

この続き: 815文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
10
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。