飯間浩明の日本語探偵【し】「車厘」何と読む?番組作る姿勢に感服
見出し画像

飯間浩明の日本語探偵【し】「車厘」何と読む?番組作る姿勢に感服

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。

【し】「車厘」何と読む?番組作る姿勢に感服

テレビ東京で7月13日、「サンドウィッチマンの脱落テスト!」というクイズ特番が放送されました。2チームに分かれて漢字の知識を競う内容です。私は監修とVTR解説を担当しました。

テレビ番組からは時々協力を頼まれますが、今回の番組で感服したのは、クイズ作家の方が問題の裏取りを厳密に行っていたことでした。たとえば、漢字の成り立ちに関する問題を作るにしても、少なくとも3、4種類の辞書にあることを条件にする、という具合でした。

テレビなら当然だろう、と思われるかもしれません。でも、実際には、面白いけれど誤った説や、荒唐無稽な説によって問題を作る番組も多いのです。今回の制作側には、きちんとした根拠に基づこうとする姿勢がありました。

番組中で最も印象に残ったのは、「車厘」の読みを問う問題です。こんな熟語は、私も見たことありませんでした。クイズ作家さんによると、「ゼリー」と読むそうです。この漢字を載せる現代の国語辞典は『大辞林』ぐらいしかありません。ただ、裏取り取材によって、明治時代前期の『訂増 英華字典』に載っているのは突き止めた、とのことでした。ネットにも出ていない情報であり、これはグッジョブです。

この続きをみるには

この続き: 501文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。