中森明菜「自殺未遂と金屏風会見の怪」(3) 西﨑伸彦
見出し画像

中森明菜「自殺未遂と金屏風会見の怪」(3) 西﨑伸彦

自殺未遂騒動の収拾に乗り出したのはジャニーズ事務所だった。/文・西﨑伸彦(ジャーナリスト)

★①を読む。
★②を読む。

「メリーさんは怒り心頭で」

中森明菜が、六本木の近藤真彦のマンションで自殺を図ったのは1989年7月11日のことだった。

仕事を終えて自宅に戻った近藤が、浴室で血を流して倒れている明菜を発見し、119番通報。左ひじの内側をカミソリで真一文字に切った明菜は慈恵医大病院に運ばれ、6時間に及ぶ緊急手術が施された。

2日後に明菜は24歳の誕生日を、そして近藤は8日後に25歳の誕生日を迎える目前だった。

騒ぎが広がるなか、近藤が所属するジャニーズ事務所の副社長(当時)メリー喜多川は、ある男の行方を捜していた。

近藤の初期のヒット曲を手掛けたRVCレコードの元担当ディレクターで、メリーが最も信頼を寄せていた小杉理宇造である。

小杉はRVCから独立し、当時は明菜が所属するレコード会社、ワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック)と同じグループ傘下にあるレーベル、アルファ・ムーンの代表を務めていた。メリーは事態の収束には小杉の力が必要だと考えていた。

小杉は滞在先の香港で、明菜の自殺未遂の一報を聞いた。妻からの電話でメリーが自分を探していることを知り、「すぐに帰って来て欲しい」という伝言を受けとった。

ここから事態はマスコミの眼を避け、水面下で動き始めていく。

メリーは帰国した小杉を、明菜の所属事務所、研音の創業者である野崎俊夫会長とワーナーの山本徳源社長との会合の場に呼んだという。

ジャニーズ事務所関係者が明かす。「業界の大物2人を前にメリーさんは怒り心頭の様子で、『大の大人が2人もいて、だらしがないのよ』と、面罵したそうです。実は入院していた明菜さんに面会できたのは基本的には家族だけでした。明菜さんは6人きょうだいの5番目、3女ですが、両親やきょうだいだけでなく小学生の姪っ子などもお見舞いに来ていました。しかし、肝心の研音とワーナーは誰一人病室に入ることを許されず、お見舞いの花すら明菜さんが捨ててしまう状態でした。両社のトップも成す術がなく、弱り果てていたのです」

メリー氏

メリー喜多川氏

宙に浮いた巨額の入院費

明菜は警察の調べに対し、自殺の原因について、近藤には言及せず、研音への不満を口にしていたという。それは近藤に累が及ばないよう、最後の砦を必死に守っているようでもあった。

彼女は近藤の言葉しか信用しておらず、彼の名代として病院に駆け付けたメリーに全幅の信頼を寄せているようだった。

メリーは、その後の対応を小杉に任せ、研音の野崎会長とワーナーの山本社長に、「この人が綺麗にしますから」と告げた。

約1カ月の入院生活の後、明菜はマスコミの目を盗んで退院し、小杉の自宅に身を寄せたという。小杉は自宅を自由に明菜に使わせて、心身ともに傷んだ彼女の回復を待ち、彼女と研音側とを引き合わせた。

自殺未遂から約2カ月の時が過ぎようとしていた。

その間、明菜を取り巻く環境はガラリと変わっていた。この面談は、明菜にとって事実上の研音との決別の儀式だった。

「自殺未遂当初は『明菜の帰るところは研音しかない』と言っていた野崎会長も、彼女が研音を悪し様に言っていると聞き、難色を示すようになった。他の所属タレントの手前、言いたい放題の明菜を、諸手を挙げて迎え入れると、示しがつかなくなると思ったのです」(研音関係者)

研音側は、明菜が特別待遇で入院していた慈恵医大の入院費の支払いも拒否した。1000万円超の入院費は宙に浮いたまま誰も支払おうとはせず、請求書は1年以上も放置された。

1982年のデビュー以来、明菜は研音の稼ぎ頭として八面六臂の活躍をみせたが、デビュー2年目には両者に不協和音が生じていた。

「その頃、ワーナーの役員が独立して新しいレコード会社『ハミングバード』を設立する動きがありました。ワーナーの制作や宣伝、営業からも人材を引き抜き、新会社設立に向け動き始めるなかで、移籍組の幹部が研音の野崎会長に挨拶に行くと、『辞めるなら、明菜を連れて行ってくれないか』と打診されたのです。彼女はデビュー前から物をはっきり言う子でしたが、『少女A』『セカンド・ラブ』のヒットでますます扱いが難しくなった。『このままではダメだ。環境を変えなければ』という危機感が研音の上層部にはあったのです」(ワーナーの元社員)

明菜移籍の噂が広まり、彼女の当時の担当ディレクターだった島田雄三も辞表を提出して、移籍に傾いていた。しかし、明菜は家族とも相談のうえでワーナーに残った。そして島田も移籍を撤回し、ワーナーに戻ることになった。

画像2

中森明菜(デビュー当時)

家族と事務所に対する不信

ただ、すべてが元通りというわけにはいかなかった。その後、研音と明菜とは、彼女の家族を巡る問題で埋めがたい溝ができてしまうのだ。明菜は、デビュー当初、金銭の管理をすべて実家がある東京都清瀬市の家族に委ねていた。

彼女は自著「本気だよ 菜の詩・17歳」(小学館)でこう述べている。

〈私のお給料はみんな清瀬のほうへ送ってもらっています。私って子供のころからあまり物をほしがらない子だったし、お金って、服を買ったり日常生活で最低限必要なものを買うくらいで、ほとんど使わないんです。だから清瀬のほうで貯めてくれているみたいね。でも、おいといてもしょうがないから、家族が使えばそれでいいと思っている〉

研音の野崎会長や社長の花見あきらは何度も明菜の実家に通い、家族との関係構築に努めた。

84年に明菜の母、千恵子が清瀬駅前にレストラン&バーを開業した際には、開業資金の援助も買って出た。「(歌手志望だった)母親のために歌手になった」と公言して憚らなかった明菜にとって、母親の喜ぶ姿は、何よりも励みになっていたに違いない。

87年、明菜は清瀬の実家から近い東武東上線沿線の駅近くに賃貸マンションと店舗が入る3階建てのビルを建設した。「大明華ビル」と名付けられたそのビルは、父、明男が先祖から相続した土地に、明菜が約1億円を銀行から借り入れて建てたものだ。そこには精肉店を営んでいた父親が経営する中華料理店や6人きょうだいの長姉や次兄が経営する店も入っていたが、父親の店以外は1年以内に閉店に追い込まれた。

家族のために良かれと思ってやったことだが、次第に彼女のなかでは家族への違和感が芽生え始めていた。この頃、最愛の母には癌がみつかり、3度の手術を経た後も体調が戻らず、深刻な影を落としてもいた。

当時の明菜は、17歳の“何も欲しがらない”彼女とは、まるで正反対の人生を歩んでいた。80年代半ばからセルフプロデュースの道を選ぶようになると、お金に糸目をつけず、ブティックに行けば、棚の端から端までを指差して、「全部下さい」と棚ごと買い上げることも珍しくなかった。大量の衣装を保管する倉庫代やクリーニング代は嵩んだが、明菜はその尻拭いに追われていた研音の献身には無関心だった。

やがて明菜は、研音が自分をコントロールするために家族にこっそりお金を渡し、懐柔しようとしていると思い込み、研音と家族への不信感を募らせるようになっていく。

父が明かす「マッチとの結婚」

彼女は、交際中の近藤を何度も清瀬の実家に連れて行き、家族にも会わせていたが、いつしか足も遠のいていた。明菜の父、明男が明かす。

「マッチは何回も家に来たことがありますよ。2人で車に乗って来て、離れた場所にある駐車場に停め、そこに明菜の兄が車で迎えに行くんです。私は明菜がマッチと結婚すると思っていたのに。明菜は私たちが、自分のお金を使い込んだかのように思っていますが、誤解されるようなことは何もないです。お金をせびったことも一度もないですから」

明菜の自殺未遂の後、家族は彼女の病室に駆け付けた。しかし、家族の口から研音の立場を気遣うような発言を聞き、明菜の心はさらに家族から離れていったのだ。

この続きをみるには

この続き: 5,763文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。