同級生交歓

同級生交歓|田辺市立東陽中学(昭和47年卒)

(右から)

カナセ代表取締役社長 金谷清道

海外通信・放送・郵便事業支援機構(JICT)代表取締役社長 福田良之

名古谷歯科院長 名古谷明宏

使用_【トメ】_トリミング済み

東京都中央区 ピッツェリア イル ビアンコにて(撮影・志水隆)

 和歌山県南部の城下町、世界遺産熊野古道で知られる田辺市の市立東陽中学校を1972年に卒業した3人である。

 生徒会長だった金谷は桐朋高、東大、バンカーストラストを経て、家業のボタン・アクリル板製造の優良企業(株)カナセの社長を24年前から務め東京・田辺・工場のある中国・深圳を回遊魚のように飛び回っている。名古谷は成蹊高、日本歯科大を経て30年前に目白に歯科医院を開業した。予約が取りにくい「街の名医」である。陸上200メートルで和歌山県大会で優勝した私(福田)は地元の県立田辺高、一橋大から興銀に入り金融マンとなった。現在は総務省管轄の官民ファンドJICTの初代社長を務めている。3人共もう40年も東京に居るのに3人揃うと一瞬で田辺弁に戻るのは不思議なものである。(福田)



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!

★2020年3月号(2月配信)記事の目次はこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
7
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。