見出し画像

ガラケー派のオンライン|柳家喬太郎

文・柳家喬太郎(落語家)

PCはおろかスマホも使いこなせない、僕は今どき恥ずかしいくらいのアナログ派で、だから電車の中などで、今だにガラケーを使っている人を見かけると、同志に出会えたようで嬉しくなる。

そんな自分が今はオンラインで落語を喋っているのだから、なんとも皮肉なものである。

新型コロナウイルスの蔓延で、寄席や落語会が軒並み開けなくなった。僕も4月5月のスケジュールは全滅である。貯金を取り崩して食う羽目になったが、こればっかりは仕方がない。殆どの仲間が同じ境遇となっている。

腐るほど時間が出来たのだから、稽古するなりネタを作るなりすれば良いのだが、なかなかそういう気にならない。閉塞感は言い訳だ。生来の怠け癖が出ただけである。週刊文春で長年頂いている連載の仕事は当然やったが、あとは手拭いでマスクを作ったり、思い出したように部屋の整理をしたり、4月の殆どはだらだらと過ごした。

一部の仲間達が、ネットでの配信を始めたと、ちらほら耳に入ってきた。本業の落語ばかりではなく、トークや趣味を生かしたものもあるらしかった。そういう配信が出来るのは、やはりネットに強い若手が多く、何かせずにはいられなかったのだろう。アナログ派の僕には手も足も出なかった。

そんな僕にも、オンラインで落語を喋らないかとお声が掛かるようになり、既に何度か経験させて頂いた。精力的にオンラインで落語会を始めた先輩の会に呼んで頂いたり、ご縁のあるライブハウスでは独演会を開かせてもらったり。文藝春秋のイベント企画、文春落語のシリーズの一環としても、独演会を1回、週刊文春での相棒、林家二楽師との会を1回、催して頂いた。今後の機会も頂戴している。

この続きをみるには

この続き: 1,037文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
9
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。