文藝春秋digital
『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

文藝春秋digital

■会員限定イベント

●6月8日(水)
・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班

●6月10日(金)
・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」
・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」
・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い」重信房子元受刑者出所 北村滋(前国家安全保障局長)
・丸の内コンフィデンシャル 民放トップ人事「社員からの冷たい視線」、サイバー「ポスト藤田」、日産「第2のマレリ」が出る?、任天堂「物言う」御曹司の登場
・霞が関コンフィデンシャル 官僚気分が抜けない木原官房副長官、財務省「泥酔暴行」事件の後始末、警察庁「平成5年組」の台頭、厚労省「次官候補」の不安材料

●6月11日(土)
・三人の卓子

●6月12日(日)
・高血圧症「尿酸値上昇リスクを恐れるな」樂木宏実(大阪大学大学院老年・総合内科学教授)
・アルツハイマー型認知症「薬より『介護』が治療の根幹」新井平伊(アルツクリニック東京院長)
・糖尿病「血糖値が下がっても断薬はNG」龍野一郎(千葉県立保健医療大学学長)
・片頭痛「患者に朗報『三種の新薬』が登場」平田幸一(獨協医科大学副学長)
・抑うつ・睡眠障害「睡眠導入剤はアルコールとの併用は禁忌」山本晴義(横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長)
・アレルギー「即効性のある薬は『中毒』に注意」木村百合香(東京都保健医療公社荏原病院耳鼻咽喉科医長)
・点眼薬「目薬は『捨て時』が肝心」平松類(二本松眼科病院副院長)
・気管支ぜんそく「経口ステロイド剤は『年3回』まで」萩原恵里(神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器内科部長)
・胃腸薬「『制酸剤』『刺激性下剤』は常用を避ける」大久保政雄(山王病院消化器内科部長)
・痛み「『とりあえずロキソニン』は効果なし」伊達久(仙台ペインクリニック院長)
・抗がん剤「『抗がん剤=嘔吐』の思い込みを捨てよう」市川度(昭和大学藤が丘病院腫瘍内科・緩和医療科教授)
・脂質異常症「『飲み合わせ』に気をつけよう」西村理明(東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科教授)
・あなたの治療薬は大丈夫か?《名医が教える保存版》こんなクスリにご用心 取材・構成 長田昭二(医療ジャーナリスト)

●6月13日(月)
・赤坂太郎「黄金の三年」を狙う岸田に「経済」「公明」の死角 菅の権勢低下と茂木の失態……首相の「ツキ」はどこまで続くのか?
・日経新聞で何が起きているのか 記者の大量退職、「物言う株主」に狙われたテレ東……“クオリティペーパー”を揺るがす上層部の確執とは? 小松東悟(ジャーナリスト)
・武田薬品工業「創業家が起こした『革命』 創業240年。日本唯一のメガ・ファーマに息づくDNA」ニッポンの100年企業⑦ 樽谷哲也

●6月14日(火)
・新聞エンマ帖 細田博之議長「セクハラ疑惑」被害の女性記者が所属する会社は…
・二階俊博×輿石東「政界シーラカンスの逆襲」薄っぺらい現在の永田町をぶった切る! 聞き手・篠原文也
・インフレ地獄を覚悟せよ 1ドル500円もありえる! 元「伝説のトレーダー」が語る最悪のシナリオ 藤巻健史(経済評論家・元参議院議員)
・孫正義の借金はもう限界 米国の利上げで今後もっと苦しくなる 神谷秀樹(投資銀行家)

●6月15日(水)
・東浩紀×小泉悠 ロシアは絶対悪なのか 国際世論の過熱が核応酬の危機をもたらす
・砂川文次×小泉悠 超マニアック戦争論 「火力調整会議が荒れるんです」「ロシアの尖兵中隊って強いな」
・佐藤優 ウクライナ戦争への視座を与える「ベストセラーで読む日本の近現代史106」『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』米原万里

●6月16日(木)
・名医が飲んでる市販薬 長田昭二(医療ジャーナリスト)《かぜ薬》総合より症状別、《頭痛薬》「クイック系」に注意、《目薬》正しい使い方とは、《胃腸薬》ストレス性胃炎に安中散 何でも正露丸は×、《漢方薬》にも副作用
・免疫を助ける薬とは 「熱は友だち」「下痢は止めない」を常識に 長谷川秀樹(国立感染症研究所インフルエンザ・呼吸器系ウイルス研究センター長)×渡辺賢治(修琴堂大塚医院院長) 構成・森省歩

●6月17日(金)
・緊急提言「愛子天皇」を諦めない 世界は女王の時代へ。一刻も早い議論を 小田部雄次(歴史学者・静岡福祉大学名誉教授)×佐藤あさ子(皇室ジャーナリスト)×君塚直隆(関東学院大学教授)
・『ミステリと言う勿れ』と『自省録』 古典的哲学書をなぜ引用したのか 田村由美(マンガ家)
・保阪正康 良心とマキャベリズムのアメリカ キリスト教精神とは裏腹の外交的老獪さ――二面性を見抜けなかった日本の悲劇 日本の地下水脈24
・【蓋棺録】早乙女勝元、イビツァ・オシム、山本圭、中山俊宏、佐々木史朗

●6月18日(土)
・文藝春秋が報じた事件・事故の肉声 堀江貴文氏、金賢姫、宮崎勤、河野義行氏、国鉄・下山定則総裁、許永中、樺美智子氏…… 森健(ジャーナリスト)
・ファイザー帝国の研究 コロナ・ワクチンで売上4兆円! ライバルの買収でのし上がる 佐藤健太郎(サイエンスライター)
・人体と痛みとクスリ 痛みを抑える――この難題に人類はどう挑んできたのか 山本健人(医師・外科専門医)

●6月19日(日)
・ミッドウェイ80年目の教訓 野中郁次郎×大木毅 組織論と軍事史の第一人者が敗北の「本質」を語り合う
・「友の敵は必ずしも敵ではない」船橋洋一 新世界地政学130
・世界最高の長寿食④「長生きできる塩分量とは」世界の短命地域はどこも共通して… 家森幸男
・第53回 大宅壮一ノンフィクション賞発表&選評

●6月20日(月)
・山崎豊子と文藝春秋 『大地の子』編集者の前で日本舞踊 「取材には二つあるの」。自称「作家馬鹿」の武器 平尾隆弘(文藝春秋元社長) 創刊100周年記念企画
・今村翔吾(直木賞作家)×有働由美子「司馬先生に玉砕覚悟で挑む」
・梅志明(GLP創業者)「10歳でアメリカへ渡った中国人少年の成功物語」世界経済の革命児69 大西康之

●6月21日(火)
・西川美和 ハコウマに乗って17 ぼくらのキャンパス
・清武英利 記者は天国に行けない⑥「墓場に持って行かせるな」30年を超えて暴かれた電力業界の闇

●6月22日(水)
・三浦しをん ゆびさきに魔法12
・夏井いつき(俳人)特定郵便局長の父はテストの点数を笑い飛ばした
・南伸坊(イラストレーター)母親は60すぎてから「芸術家」になった

●6月23日(木)
・ビッグマックとプーチンの戦争 佐々木正明(大和大学社会学部教授)
・塩野七生 東京っ子の心意気 露伴、鷗外、一葉… 日本人へ226
・藤原正彦 器械嫌い 古風堂々38
・横尾忠則 三島由紀夫の心配ごと

●6月24日(金)
・角田光代 思い通りにならない人生の輝き 「もう行かなくては」(イーユン・リー著 篠森ゆりこ訳)
・片山杜秀 「内なるナチ」の蛮行を暴く 「同胞 リトアニアのホロコースト 伏せられた歴史」(R・ヴァナガイテ/E・ズロフ著 重松尚訳)
・角幡唯介 人間の苦しみを浄化する遍路の力 「四国辺土 幻の草遍路と路地巡礼」(上原善広著)
・本郷恵子 女性漫画家たちの“舞台裏” 「少女漫画家『家』の履歴書」(週刊文春編)
・「『人間』を考える」本上まなみ 今月買った本
・「沖縄のことを聞かせてください」著者・宮沢和史さんインタビュー
・新書時評 武田徹「シン・日本アニメ史」

●6月25日(土)
・『ショーシャンクの空に』のティム・ロビンス「長身とくよくよ芝居」芝山幹郎 スターは楽し
・仁義なきヤクザ映画史⑤「権力との危険な関係――清水次郎長と黒駒勝蔵」伊藤彰彦

●6月26日(日)
・消えるバッセン カルロス矢吹(ライター)
・福島かりんとう騒動記 糠澤正之(「ぬか茂菓子店」専務)

●6月27日(月)
・鹿島茂「空白の4日間」菊池寛アンド・カンパニー⑦ “悪友”に仕立て上げられた菊池の大学進学やいかに
・芥川賞にとりつかれた男 菊池良(作家)
・27歳の副市長 及川涼介(裾野市副市長)
・多くの友人に支えられて 早川浩(早川書房代表取締役社長)

■オリジナル連載記事

山崎豊子原作・マンガ「大地の子」
秋山千佳「“東大女子”のそれから」
中村計「イップスの正体」
藤崎彩織「ねじねじ録」
高橋ユキ「子どもが危ない!」
広野真嗣「専門家、コロナを語る」
森功「新・現代官僚論」
辻田真佐憲「SNS言論検証」

■バックナンバー

・2019年9月号記事一覧はこちら>>・2019年10月号記事一覧はこちら>>・2019年11月号記事一覧はこちら>>・2019年12月号記事一覧はこちら>>・2020年1月号記事一覧はこちら>>・2020年2月号記事一覧はこちら>>・2020年3月号記事一覧はこちら>>・2020年4月号記事一覧はこちら>>・2020年5月号記事一覧はこちら>>・2020年6月号記事一覧はこちら>>・2020年7月号記事一覧はこちら>>・2020年8月号記事一覧はこちら>>・2020年9月号記事一覧はこちら>>・2020年10月号記事一覧はこちら>>・2020年11月号記事一覧はこちら>>・2020年12月号記事一覧はこちら>>・2021年1月号記事一覧はこちら>>・2021年2月号記事一覧はこちら>>・2021年3月号記事一覧はこちら>>・2021年4月号記事一覧はこちら>>・2021年5月号記事一覧はこちら>>・2021年6月号記事一覧はこちら>>・2021年7月号記事一覧はこちら>>・2021年8月号記事一覧はこちら>>2021年9月号記事一覧はこちら>>・2021年10月号記事一覧はこちら>>
2021年11月号記事一覧はこちら>>・2021年12月号記事一覧はこちら>>
2022年1月号記事一覧はこちら>>・2022年2月号記事一覧はこちら>>2022年3月号記事一覧はこちら>>・2022年4月号記事一覧はこちら>>・2022年5月号記事一覧はこちら>>・2022年6月号記事一覧はこちら>>

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。