見出し画像

MORIOKA第一画廊と弟たち|末盛千枝子

文・末盛千枝子(編集者)

MORIOKA第一画廊と喫茶舷(げん)が昨年秋についに閉じられてしまった。盛岡市の中心、中ノ橋の袂、テレビ岩手の一階にあって、ここに移ってからでも30年は経っていた。街の中心なのに、中津川という美しい川に面していて、春には河原に勿忘草が咲き乱れ、秋には信じられないようなことだけれど鮭の遡上が見られるのだ。

MORIOKA第一画廊と舷は、まるで盛岡の美術の発信地のようなところで、彫刻家の父舟越保武はもちろん、両親の苦労を見て育ったはずなのに、なぜかそれぞれ美術の道を歩み始めた2人の弟たちも、若い時から第一画廊の上田浩司さんや、舷を経営しておられた直利庵という老舗蕎麦やさんの名物女将で、しかも大変な目利きで美術コレクターの松井裕子さんのお世話になってきた。第一、松井さん自身が、上田さんの影響で美術に関わり、女将でありながら東京の大学の通信教育をうけ、ついに学芸員の資格をお取りになったのだった。

私自身盛岡に出て時間があると舷に寄ってコーヒーを飲み、川に面した隅の気持ちのいい席で東京からのお客さんと話し込んだり、上田さんがお元気な時には、そのとき飾ってある作品のことをいろいろと教えていただいた。その時その時、展示されているいろんな作品を見るのは実に楽しく、上田さんによって知った作品も多い。そういう上田さんが弟たちの作品を早くから評価して下さったことは驚きでさえあった。喫茶コーナー舷にはまるで何気なく、草間彌生の小さな作品が置かれていた。

父の代表作の一つと言われる「ローラ」という大理石の女性像のモデルのローラは息子さんが、かの有名なシルク・ドゥ・ソレイユのメンバーで、日本で公演していた時期があり、ローラはその息子さんに招かれて、自分がモデルになった父の作品を見るためにスペインのセビリアから岩手県立美術館にやってきた。まるで夢のようで、新聞の取材まで入り、もちろん舷で楽しくお茶を飲んだ。

この続きをみるには

この続き: 968文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
7
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。