新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

繋がりと分断|金原ひとみ

文・金原ひとみ(作家)

コロナで生活は変わりましたか? とインタビューなどでよく質問を受ける。あまりピンとこず、「大して変わってないです」と答えてきたし、実際、中学に入学したばかりなのに3ヶ月近く学校に通えなかった長女や、入社早々研修が飛び、在宅勤務と休業を織り交ぜながらのイレギュラーな社会人生活をスタートさせた新入社員の友人、大学の前期の授業がすべてオンラインになり、決まっていた講演会が全て中止になった父などと比べると、インタビューがオンラインになったり、受賞した文学賞の授賞式が中止になったりなどの影響はあったものの、メイン業務が家でパソコンに向かうことである小説家にはさほどの変化はなかったと言えるだろう。

しかし仕事という観点から離れて見ると、変化は様々なところに現れる。チケットを取っていたライブやフェスが次々中止になり、親しい友達らが「旦那が社長秘書だからどうしても罹れなくて飲みにいけない」「子供が喘息持ちだからどうしても罹れなくて飲みにいけない」などあらゆる事情で飲みに行けなくなり、夏休みなどに会っていた地方やフランスの友人とも今年は会えなかった。必然的に、もともと付き合いの狭い私が会うのは「会社のガイドラインがそこまで厳しくない出版社の編集者」と「罹ったら罹ったで仕方ない、と割り切っている友達」のみになる。

そうなると、メールやLINEのやり取りも一種の体験ではあるものの、どうしても人と直接会って話すインパクトには及ばないため、「割とみんな緩いな」という印象を抱いてしまう。自分と近い考え方の人の声が大きく聞こえてきて、それ以外の声が聞こえにくい、受け取りにくい状況に陥っていることを長引くコロナ禍で痛感することが増えた。

この続きをみるには

この続き: 1,013文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
29
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。