文藝春秋digital
池上彰 本当のロシアを知るために「人生百年の教養」(亀山郁夫)
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

池上彰 本当のロシアを知るために「人生百年の教養」(亀山郁夫)

文藝春秋digital

本当のロシアを知るために

世は「教養」ブームです。書店の店頭には、数々の教養本が並んでいます。なぜいま、教養なのか。

この書籍の題名通り、人生100年時代。仕事からリタイアしても、まだまだ長い人生が続きます。どうやって過ごそうか。とりあえずテレビの地上波を見ても、芸能人が仲間内ではしゃいでいるばかり。見るに堪えません。

そんなとき、若い頃に読むことのなかった本を読んだり、聞くことのできなかったクラシックを聴いたりしたいと思っても……、何を選べばいいかわからない。そんな迷いを持っている人たちが、教養への道標を探し求めているように思えます。そこで亀山郁夫さんです。

亀山さんといえば、ロシアの作家ドストエフスキー研究の第一人者。『カラマーゾフの兄弟』や『罪と罰』などの翻訳でも有名です。

団塊の世代にとって、前記の2冊は、若い頃、読んでいるのが当然とされていましたが、実際には読破することができず、「読んだふり」をしていた人も多かったのではないでしょうか。そんな虚栄心を恥ずかしく思っていた人たちにとって、本書は入門書として最適。そう思った人が手に取りそうです。

亀山さんは、『罪と罰』と中学3年の夏休みに出合い、読んでしまったんだそうです。そうか、その頃から読んでいないと真の教養人になれないのか……。ちょっとがっかりしますが、高校2年生で『カラマーゾフの兄弟』に挑戦したところ、「読み始めるや、挫折の連続です。ページを何度も後戻り」したというではありませんか。若い頃、挑戦して挫折した人、亀山さんでもそうだったというのは、勇気をもらえそうです。

この続きをみるには

この続き: 429文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。