【74-文化】「ひろしまタイムライン」当事者のいない歴史の危うさ|切通理作
見出し画像

【74-文化】「ひろしまタイムライン」当事者のいない歴史の危うさ|切通理作

文・切通理作(評論家)

「三国人」という俗称

戦争体験者が次々と鬼籍に入る時代となり、その証言をじかに聴く機会が少なくなっている。広島・長崎の被爆者の場合も、いずれひとりもいなくなるという危機感から、2世以降の世代が、所謂「語り部」を引き継ぐ動きも出ている。かくいう筆者も4年前、長崎で被爆した母の聞き取りを『15歳の被爆者 歴史を消さないために』(彩流社刊)という本にした。

2020年にはNHK広島放送局が「1945ひろしまタイムライン」というプロジェクトを始めた。いまの高校生や公務員、元民放アナウンサーなどが、被爆前後に実在した存命含む当事者をもとにしたフィクションの登場人物になり代わり、インターネットのSNSで日々つぶやくというもの。そこでは戦災のことだけでなく、日々の食事など生活のディテールなども盛り込まれ、当時への想像力を掻き立てることに成功していた。

ところがある日、そのなかのキャラクターである「シュン」(軍国少年に憧れているというキャラ付けがなされている)が、戦災の激しさとは別の意味で、物騒なことをつぶやいた。

「朝鮮人だ!! 大阪駅で戦勝国となった朝鮮人の群衆が、列車に乗り込んでくる!」(8月20日)、「『俺たちは戦勝国民だ! 敗戦国は出て行け!』圧倒的な威力と迫力。怒鳴りながら超満員の列車の窓という窓を叩(たた)き割っていく。そして、なんと座っていた先客を放り出し、割れた窓から仲間の全員がなだれ込んできた!」(同)

これらの投稿が問題となり、抗議が殺到して、NHKは「配慮が不十分だった」と謝罪するに至ったが、タイムラインでの発言はモデルとなった人物が実際に見聞したことに基づくものと釈明。

だがじつは、この「朝鮮人」という表記は、「シュン」のモデルとなった新井俊一郎さん(戦災当時中学1年生)の手記には「第三国人」と表記されていたものの言い換えである。

この続きをみるには

この続き: 1,816文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ピンチをチャンスに変える力――それが「教養」だ! これ1つで、小論文対策をしたい高校生、レポートに困っている大学生、豊富な知識を身につけたいビジネスマンまで幅広くサポート。教養人に必須のマガジンです。

【12月1日配信スタート】毎日、朝晩2本の記事を配信。2021年の日本、そして世界はどうなる? 「文藝春秋」に各界の叡智が結集。コロナ禍で…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。