志村けん三回忌だョ!全員集合 加藤茶×仲本工事×高木ブー
見出し画像

志村けん三回忌だョ!全員集合 加藤茶×仲本工事×高木ブー

文藝春秋digital
「志村は笑いの王様だった」。ドリフの大爆笑座談会、いってみよう!/加藤茶×仲本工事×高木ブー(ザ・ドリフターズ)

ドリフターズ9Z2_6160

(左から)高木さん、加藤さん、仲本さん

「永遠の笑いの王様」

加藤 志村が死んで、もう2年になるんだな。この前の3月29日が三回忌だった。

高木 俺はなんかまだ実感が湧かないんだよね。いまだにその辺りからスッと出てきそうでさ。あいつはバカだよ。死んじゃうなんて、イカンよ。

加藤 やっぱり惜しい奴を亡くしたよな。コロナって何なんだ、何でそんなに騒がれるんだって思ってたら、いきなり「志村が死んだ」って聞いて。あの瞬間は、驚いて何にも言えなかったよ。

①志村けん

志村さん

仲本 世間にコロナの怖さを知らしめてくれたのは、志村だよね。

加藤 それは言えるな。

高木 2年前だから、まだワクチンもなくて、医者も治し方を知らないし、世の中がてんてこ舞いになってた時期だよ。よりによってそんな時に罹るなんて……。今なら助かって帰ってくる人も多いだろ。そう考えると、余計なこと言うようだけど、もし志村があと1週間でもコロナに罹るのが遅かったら、きっと助かってたよ。もっと病院の体制も整っていてさ、違った結果になったと思うんだよな。

加藤 まあな。でもあいつだって罹りたくて罹ったわけじゃないからさ。不可抗力だよ。

高木 不可抗力だなんて、一言じゃ言えないよ。あんな早い時期に罹って、やっぱバカだよ。

加藤 いや、言えるんだよ。罹ったのは仕方ない。あの頃は、無理だったんだよ。

高木 そうかな。

加藤 長さん(いかりや長介)が死んで18年だろ。あっという間だよな。こんなこと言うとなんだけどさ、志村がいないとコントはできないけど、長さんがいなくても、不思議と4人だけでもコントはできちゃうんだよな。逆に長さんがいた方が鬱陶しかったりしてさ(笑)。

仲本 ハハハ、それは言えるね。志村が立派だと思うのは、終生、お笑いにこだわってたことだよ。『バカ殿様』とか『だいじょうぶだぁ』とか、自分の笑いを最後までやった。その辺がすごいよ。いかりやさんは、途中から役者の道に入ったから、志村のように「永遠の笑いの王様」という感じにはならなかったね。

画像4

付き人時代の志村

高木 でも、俺は俳優の長さんに結構、感心してたんだよ。「踊る大捜査線」なんかで、うまくいってたじゃない。いかりや長介、なんて俳優にしては変わった名前で目を引くしさ、ドリフのリーダーだった人が、俳優になるっていう、その生き方がすごくいいと思ったんだよね。まだやれたのに残念だったよ。

加藤 志村だって、もとは長さんに憧れてドリフに入ったんだからな。最初は付き人だったけど、そのときからあいつ、平気で俺の頭を叩いてたよ(笑)。

仲本 遠慮なかったね。

加藤 あいつのそういうところが逆によかったんだよな。1969年にTBSで「8時だョ!全員集合」が始まって、最初は長さんにブーさん、仲本さん、俺、それに荒井(注)さんのメンバーだった。5年くらいして荒井さんが抜けて、後任に誰を入れるかって話になったんだよな。

高木 4人でやろうか、なんて話もあったよ。元々ドリフには、小野ヤスシとか、綱木文夫とか、いろんな人が入ったり抜けたりしてた。そういう人たちを呼び戻す考えもあったんじゃないかな。まあ、俺には発言権がないから、何も言わなかったけどさ(笑)。

加藤 実は長さんは、荒井さんと同じくらいの年の人を入れたかったんだよ。あの、豊岡豊っていただろ。「スイング・フェイス」ってバンドのリーダーやってた。

高木 いたいた。すごく面白い人で長さんと仲が良かった。

加藤 そう、あの人を入れる予定だったんだよ。でも俺がさ、「長さん、待ってくれよ。荒井さん抜けたんだから、もう全然新しい人を入れましょうよ」って止めたんだよ。やっぱり志村はボーヤのときから、ドリフのネタの作り方とか雰囲気を間近で見て全部知ってたし、その方が俺たちもやりやすいからな。それであいつを推薦したんだよ。

仲本 俺も大歓迎だったな。何てったって、ドリフが若返るんだからさ。志村の方がいいに決まってるよ。笑いの内容も新しくなるし。

加藤 でもあいつは、メンバーになってから2年くらい、ずーっとウケてなかった。

仲本 そりゃウケないよ。荒井さんのあとに何やったって。客もよく見てるから、いきなり志村が「来週から新メンバーです」なんて紹介されても「なんだ、この小僧は」ってな感じでね。荒井さんと志村では性格も全然違ったしね。

画像3

荒井さん

伝説のネタ会議

加藤 それにもとは付き人なわけだから、やっぱり遠慮してたんだよな。たまに志村と2人で飲み行くと、さすがにあいつも悩んでいて、相談された。「どうすればウケるか」って。俺もいろんなアドバイスしたけど、「ネタ会議で、自分のやりたいことを正直に『やりたいんだ!』って主張しなきゃダメだ」って言ってやったんだよ。遠慮を取っ払えって。

仲本 ああ、ネタ会議、懐かしいね。毎週木曜日にTBSに集まって、「あんなのどう、こんなのどう」ってアイデア出し合ったよね。あれは大変だった。午後3時から始まって、長いときは翌日の朝まで会議してたこともあったな。

加藤 台本が決まらなきゃ、土曜日の生放送に間に合わないからな。

高木 俺はよく寝てたけどね(笑)。

加藤 そうそう、長さんは寝っ転がりながらネタを考えていることもあったけど、ブーさんの場合は、本気で寝てるからな(笑)。

仲本 放送作家がいくつもネタ出しをするんだけど、長さんがボツにすることが多かったね。

加藤 そりゃそうだよ。やっぱり放送作家がドリフを超える発想をするのは無理なんだ。だいたい、あいつらは舞台にあがってないからさ、舞台の使い方や感触を知らない。だから長さんが中心になって、考えるしかなかったんだな。

仲本 会議はみんな緊張してピリピリした雰囲気だったし、あの長さんが相手だから、志村だって遠慮して意見なんか言えやしないよ。だいたい年齢も20歳くらい離れてたわけだしね。

高木 僕と長さんが同年代で、カトちゃんは10歳下で、志村はそのさらに10歳下なんだよ。あいつだってバカじゃない。一番若手の自分が、20も30も年上の長さんに抵抗できるなんて思ってなかっただろ。芸能界ってのは、やっぱり先輩後輩の関係がかっちり決まってるから。よく番組とかで「ドリフって仲いいんですか」って聞かれたけどさ、考えてみてほしいんだよね。これだけ年齢の差があれば喧嘩なんてやりようがなかったよ。

②「8時だよ!全員集合」

「8時だョ!全員集合」

「あれが最高傑作だよ」

加藤 でもうちの場合は、コントになれば、長さんも年齢差は取っ払っちゃおうって考えだったよな。だから、志村もだんだん遠慮なく自分を出せるようになったんじゃねえか。「少年少女合唱隊」のコーナーで「東村山音頭」の替え歌をやってから、ウケるようになった。あの「いっちょめ、いっちょめ、ワーオ!」ってやつ(笑)。股間に白鳥の頭つけたバレリーナの格好なんかしてさ。

仲本 ネタ会議の合間とかに、メンバーで将棋指してると、よく志村が東村山音頭を口ずさんでた。たしか、それを聴いた長さんがネタに使おうと思ったって話だよ。

加藤 「もしもシリーズ」で、「威勢のいい風呂屋」ってあっただろ。あれなんかも志村と俺がアイデア出したんだよ。

仲本 そうだった。

加藤 俺たち4人が風呂屋の店員で、客の長さんの頭にシャンプーぶちまけて、4人がかりでゴシゴシこすったり、文句言おうとする長さんを風呂の中に放り投げたり。普段は威張り散らしてる長さんも怒るに怒れなくてさ(笑)。しまいにゃ、クタクタになって、「ダメだこりゃ」って観念するんだよな。あれはウケたよ。もろに当たったコントだった。

仲本 あれが最高傑作だよ。

加藤 長さんも大人だから何やられても許してくれたんだけど、あのコントはやっぱり客からすれば、絶対的な権力者を、俺たちヒラがやり返すってのが面白かったんだよ。志村だってノリノリでやってたよ(笑)。

高木 ヒゲダンスも志村が考えたんだろ。

加藤 あれは志村が「加藤さん、こんなのやってみてえんだけど」って言うんで、「なんだよ」って聞いたら、「髭つけて、無機質な感じで、できればタキシードみたいなのを着て。そんなのできないかな」って。俺も「いいね、やろう」ってふたつ返事で受けたんだよ。♪ドゥルルルル~ルルル~ル~ルって有名なBGM、あれだって、たしかアメリカのR&Bのベースの部分を志村がつなぎ合わせて作ったんじゃなかったかな。

仲本 志村はいつも新しいことを考えてたね。

加藤 俺は、あいつが化けてくれたから、ドリフは大成功したと思うんだよ。俺と志村はよくマスコミから、ライバル関係だって言われたけどさ。「志村がウケると、加藤はウケない」なんてね。でも2人の間では全然そんなことなかったな。

高木 そりゃそうだよね。だいたい志村を引き上げたのがカトちゃんだったわけだから。

子どもは二の次だった

加藤 ブーさんの一番の思い出は、やっぱりあれだろ、「ドリフ大爆笑」の雷様のコント。長さんと仲本さんとやってた。

仲本 虎柄パンツを腰の上まであげてね。みんな雲の上に座って。とにかく、あれは絵面が面白いコントだったと思うよ。

加藤 あの格好、ブーさんが妙に可愛く見えてさ(笑)。楽屋の内輪ネタを話したり、アドリブトークしたり、ドリフの中でも異色だって思う人も多かったみたいだな。

高木 僕にとっちゃ、あれは一番楽なんだよ(笑)。飛んだり跳ねたりしないし、もう素のままでやれるからね。台本も関係ない、思ったことをそのまま喋って、長さんだって本当にあったことを話してる感じだったもんな。

加藤 あのコントは動きがないから、子どもさんが楽しめないって声もあったらしいけど、そんなことないと思うけどな。「ドリフは子どもにウケるようにネタ作ってるんですか」ってよく聞かれたよ。でもそうじゃなくて、あくまで大人にウケようと思ってたんだよな。

仲本 そう、子どもは二の次だったね。

加藤 子どもっていうのは感受性が強いから、大人が笑うものを見て自分も笑うんだよ。で、子ども向けにネタ作ると、今度は逆に馬鹿にする。自分より低く見ちゃうから。これはもう、はっきりしてた。

キャンディーズとの共演

仲本 決め事で言えばさ、俺たちはスタジオに入ってるお客さんだけを笑わせるって考えだったよね。テレビの向こうの視聴者はもういいと。とにかく目の前のお客さんを笑わせて、その雰囲気を撮ればいいってみんなで言ってたよ。

この続きをみるには

この続き: 4,153文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。