海の見える本屋をはじめて|あかしゆか
見出し画像

海の見える本屋をはじめて|あかしゆか

文・あかしゆか
京都出身、28歳。大学時代に本屋で働いた経験から、文章に関わる仕事がしたいと編集者を目指すように。 現在はウェブ・紙問わず、フリーランスの編集者・ライターとして活動をしている。2020年から東京と岡山の二拠点生活をはじめ、2021年4月、瀬戸内海にて本屋「aru」をオープン。

今年の4月、岡山県の瀬戸内海沿いにある児島という街で、海が一望できる小さな本屋を開店した。

画像1

普段は東京でフリーランスの編集者やライターとして働く私は、月のうち3週間を東京で過ごし、残りの1週間を、児島で本屋を営みながら過ごしている。

東京と児島での暮らしは、当たり前だけれど全然違うもので、違うどころか「真逆」と言っても過言ではないほどだ。

東京は、言わずもがな大都会。混み合う道路や高層ビルに、狭い空。私は渋谷の近くで一人暮らしをしていて、仕事やプライベートを含め、さまざまな人に会いに行く。

一方で児島は、大自然がそばにある街だ。目の前にある海と山、わんさか生い茂る草木や花に、広い青空。私は友人が運営している宿泊施設で共同生活をしながら、日中のほとんどの時間を店で過ごし、そこで、人が訪れるのを待っている。

都会と自然、一人暮らしと共同生活、動く姿勢と待つ姿勢。ひとりの人間なのに、1ヶ月のうちで、暮らし方がまったく違う。

この原稿を書いている今は岡山にいる。だから今日は、岡山での暮らしのことを少し書いてみたいと思う。

この続きをみるには

この続き: 1,356文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。