文藝春秋digital
夏井いつき(俳人)特定郵便局長の父はテストの点数を笑い飛ばした
見出し画像

夏井いつき(俳人)特定郵便局長の父はテストの点数を笑い飛ばした

文藝春秋digital
著名人が父親との思い出を回顧します。今回の語り手は、夏井いつきさん(俳人)です。

テストの点数

私の実家は、愛媛県の南端にある小さな村で、特定郵便局を営んでいました。郵政民営化の前は、家業として代々引き継がれている郵便局が数多くあったのです。うちの父は3代目の局長で、母は局員として勤めていました。

父は寡黙で、田舎のインテリといったタイプ。本を読むのが好きで、青年団でバンドを結成してギターも弾いていました。また、自宅には手作りの暗室を作って、写真を撮るのを趣味にしていました。私は本当にお父さんっ子で、変に子供扱いをしない、いつも対等に話をしてくれる父のことが大好きでした。

父との思い出で1番心に残っているのは、私が宇和島東高校に進学した時のこと。入学直前の春休み、数学の教科書の第1章を自分で勉強しろと宿題が出されました。数学が大嫌いな私は、ちんぷんかんぷんのまま高校入学を迎えます。すると入学式の翌日、いきなり数学の期首テストが出されたのです。生まれて初めて、20点台を取ってしまいました。

この続きをみるには

この続き: 507文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。