同級生交歓 栄光学園中学高等学校 昭和48年卒
見出し画像

同級生交歓 栄光学園中学高等学校 昭和48年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。

画像1

東京都文京区 東京大学バーチャルリアリティ教育研究センターにて
(撮影・杉山秀樹)

(右から)
建築家
隈研吾
東京大学名誉教授
廣瀬通孝

隈君とは、中学以来、ずいぶん長いこと同じ学校にいたことになる。中学高校の頃、2人とも美術の時間が好きだったことを思い出す。画風は廣瀬の漫画に対し、彼のはすでに芸術だった。何となく現在の専門の色分けが当時から窺えるのは面白い。大学入学後、彼は迷わず建築を志したが、廣瀬はやや迷走ののちVR(バーチャルリアリティ)の世界に踏み込んだ。

隈君との接点が多くなるのは、卒業後かなりの時間が経って、彼が愛知万博の基本計画をまかされた頃からである。当時よちよち歩きのVRに建築家からお声がかかろうとは思ってもみなかった。

何の因果か、隈君の縄張りである建築学科の建物内に、VRセンターを作った。今日はアバタスタジオでの撮影である。この写真のみならず、2人の3Dモデルをキャプチャーしたのは言うまでもない。(廣瀬)

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。