見出し画像

短歌|岡野大嗣

ハグ

借りたままの古いゲームのサントラと貸したままのそのカセットのこと

カラオケの機械に歌詞をながめてるだけの時間をわりと恋しい

今日持ってこなくてもいいお土産をありがとう いま食べちゃいますか

残念ながら次が最後の曲ですと残念をみんなで抱きしめる

遠い人が幸せになるその流れで自作の顔文字をほめられる

赤がすき ライブ帰りに来た道を雑にたどって待つ信号の

ポケットにしまったドリンクチケットを忘れてた 夏みたいな汗だ


月額900円で『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
34
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。