同級生交歓 千代田区立麹町小学校 昭和48年卒
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

同級生交歓 千代田区立麹町小学校 昭和48年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。

画像1

東京都千代田区 麹町小学校にて
(撮影・山元茂樹)

(右から)
東京大学史料編纂所教授
本郷和人
読売日本交響楽団理事長
福士千恵子
日本歯科大学客員教授
久保田智也

正確に言うと私たちは、旧麹町小学校卒、ということになる。1993年に永田町小と統合し、新たな麹町小が誕生した。建て替えられた校舎を取り巻くフェンスは昔より高く、オフィスビルやマンションも林立、校庭から見上げる空は何だか窮屈そうだ。

高度成長期までの麹町は、商店や小さな家が並ぶ庶民の町だった。同級生の家業は、理髪店、銭湯、鮮魚店に薬局。久保田の家は歯科医院だった。子供の頃からハンサムで、みんなの人気者。「慶応ボーイ」になったのも当然だ。経済学部を卒業後、父上と同じ仕事を志し、改めて日本歯科大へ。回り道は幅広い見識と豊かな人脈につながり、日本歯科医師連盟の理事長も務めた。町の変貌とともに多くの住民が転出したが、久保田は今もここに残り、日々患者さんを診る。母校の学校歯科医でもある。

校庭を歩きながら本郷が「体育は苦手だったなあ」。では得意だったのは何か。歴史だ。授業中に教師が振り向き、「おい本郷、これでいいんだっけ」と確認する。机を叩きながら「摂政だっ関白だっ」と自作の歴史ソングを歌っていた。さまざまな媒体でわかりやすく面白く歴史を語る「本郷先生」を見かけると、いつも思う。人間は変わらない。そして、好きなことをまっすぐに追求できるのは、何という幸せか。

放送局や劇場が近かったせいか、有名無名問わず役者など文化人も多く住んでいた。そんな環境にあって福士が熱中したのは、様々なものを見たり聞いたり読んだりすること。一つを突き詰める能力には欠け、移ろいゆくものを追う方が性に合う。というわけで、新聞記者になった。今はオーケストラの運営に携わる。

高度成長、バブル、大震災、そしてコロナ禍。「いろいろあったねえ。でもおれたち、戦争だけは経験しなくてすんだ」と久保田が言った。この校庭を駆け回っていた頃から半世紀、小さくなった頭上の空は、今も変わらずに青い。(福士)

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。