見出し画像

27歳の副市長 及川涼介(裾野市副市長)

文藝春秋digital
文・及川涼介(裾野市副市長)

今年4月、静岡県裾野市の副市長に就任しました。27歳の副市長は全国最年少。当時34歳の村田はるかぜ市長はよく「2人足しても61歳」と言っていました。都道府県知事や政令指定都市の市長の平均年齢が61歳であり、前例がないような若いコンビです。

私は東大法学部を卒業して総務省に入省。3年後、ベンチャー企業に転職して、自治体の行政デジタル化プロジェクトに従事していました。

それが今年1月末、初当選したばかりの村田市長から突然、副市長を打診されました。市内では折しも、トヨタによる、人、建物、クルマなどが情報でつながる実証実験都市『ウーブン・シティ』が建設されている最中。市としてもデジタル化を進めたいとの思いから、私を1本釣りしてくれたそうです。

まさか人生にこんなことが起こるとは……という展開でしたが、振り返ると、自分の歩みはすべて今に繋がっていたと感じます。

私は横浜市で生まれ育ちました。実家は商店街で食料品店を営んでいましたが、大型スーパーの出店などにより、私が小学校低学年の時に閉店。経済的に大変な時もあったようですが、そのぶん両親は、私に残せるのは教育しかないと、国際機関の紛争や貧困に関するイベントなどによく連れていってくれました。それがきっかけでニュースや新聞をよく見るように。その中で行政批判を目にするうちに「自分も何か公共分野に貢献したい」という思いが芽生えます。高校生の時には官僚を目指すようになりました。

大学生の時に出会った分野が「行政のデジタル化」でした。特に、市民がテクノロジーを使って地域社会の困りごとを解決するシビックテックと呼ばれる活動を知り、のめり込みました。

総務省では、マイナンバー制度を担当。業務外でもシビックテックの団体を立ち上げ、各省庁の報告書横断検索サービスを作ったりしました。

この続きをみるには

この続き: 1,002文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。