「ジャニーズ女帝」メリーさんに叱られた 「飯島を呼んで!」それが10時間説教の始まりだった
見出し画像

「ジャニーズ女帝」メリーさんに叱られた 「飯島を呼んで!」それが10時間説教の始まりだった

文・渡邉庸三(本誌デスク)

ジャニーズのタブーに切り込んだから

“ジャニーズの女帝”こと、メリー喜多川氏が8月14日、93年の人生に幕を降ろした。本名「メリー・泰子・喜多川・藤島」。最終的な肩書きはジャニーズ事務所の「名誉会長」だった。実弟のジャニー喜多川元社長(享年87)が他界して2年。これで同社は1代で会社を「日本最大の芸能事務所」に成長させた創業者姉弟を失った。

「瞬間湯沸かし器型の感情の激しい人だが、実に女である」

メリー氏の夫であった作家の藤島泰輔氏(故人)は妻を評してこう語ったというが、言い得て妙というべきだろう。彼女はまさに“怒れる女帝”だった。2015年当時は週刊文春のデスクだった筆者が、氏の謦咳に接したのは3度きりだが、対面時間は合計約10時間に及ぶ。その間メリー氏は誇張でなくずっと怒り続けていた。記者側の発言は計10分にも満たなかったのではないか。

なぜ我々はメリー氏の逆鱗に触れたのか。それは我々が取材の中で、アイドル帝国・ジャニーズのタブーに切り込んだからだ。

画像2

ジャニー氏(左)とメリー氏(右)

まずは、私が身を以て体験したメリー喜多川という傑物について、しっかり記録しておきたい。今となってはますます貴重となった、6年半前に行われたメリー氏への「5時間インタビュー」を振り返る。

15年1月13日正午、私は2名の記者とともに乃木坂の旧ジャニーズ本社を訪れた。19年1月に嵐の活動休止会見が行われた現社屋は地上6階地下3階の要塞のような巨大ビルだが、当時の社屋は3階建てで「J&A(Johnny & Associates)」のロゴが入った青いキャノピーが設えられたエントランスや、白壁から突き出した半円の出窓が可憐な、こぢんまりとした建物だった。

2016 旧ジャニーズ事務所 時事

インタビューが行われた旧社屋

内線表に〈メリー様〉

「君たち、メリーさんに会えるなんてラッキーだよぉ」

受付を済ませた我々3人が2階の応接室で待機していると、先方の顧問弁護士である矢田次男氏が入ってきて、やけに明るい調子でこちらに声を掛ける。“芸能界の守護神”として知られる有名弁護士だ。

応接室には1台の電話機と内線電話表があった。筆者はそれを見て、さっそく驚かされた。

〈メリー様〉

内線表の1番上にはこう書かれていたのだ。これから相まみえるのはこの絶対的序列のトップに君臨する“女帝”なのだと改めて認識した。

われわれ取材班がメリー氏に聞きたかったこととは一体何か。それは「事務所の後継者問題について、メリー氏はどう考えているのか」。本質的にこの1問に尽きる。

当時、ジャニーズ事務所の中では「ジュリー派」と「飯島派」という2大派閥が角逐し、その派閥トップのどちらかがジャニー社長の後継者に選ばれるのだろうという見立てがマスコミ業界の常識だった。その2大派閥の領袖は、メリー氏の長女である藤島ジュリー景子氏と、実力派マネジャーの飯島三智氏であった。ジュリー氏は嵐やTOKIO、関ジャニ∞といった主流派を担当。一方の飯島氏はSMAP。当初は“ジャニーズの落ちこぼれ”と言われた彼らの名声を高からしめ、国民的スターに育てた赫々たる功績があった。

「次の社長は飯島しかいない」

彼女の手腕を買っていたジャニー氏が周囲にそう語っていたという証言もあるように、飯島氏の業界での存在感は大きくなる一方だった。特にテレビ局関係者にとっては下にも置かない存在となっていた。各局は両派閥のタレントをキャスティングするため、別々のプロデューサーがそれぞれの派閥に対応していた。嵐とSMAPが共演する機会がほとんど無いことも派閥問題を映し出していると言われていた。

インタビューは20畳はあろうかという大きな会議室で行われた。向かって右側に白波瀬傑専務と男性スタッフ、矢田氏ら複数の顧問弁護士が同席。我々は左側に座った。

10分後に現れたメリー氏は会議室後方から入って来ると、弁護士の後ろを通り、悠揚迫らぬ態度で無言のまま“お誕生日席”に座った。キラキラと輝く宝石がちりばめられたトレードマークの眼鏡を掛けている。

「それでね、その前に私一番聞きたいのは、9月ですよね、文春さんと裁判が終わったのは……」

初めましての挨拶もそこそこに、5時間にわたる長いお説教は唐突に始まった。弁舌は一瀉千里、声は張りがあって滑舌よく、眼光は鋭い。メリー氏は80代後半とは思えないほど矍鑠としていた。

メリー氏の演説が始まると、事務所スタッフも弁護士も強張った表情のまま虚空を見つめて一言も発さなくなった。広い会議室に響き渡るのはメリー氏の声だけだ。

記事ではコンパクトにまとめているが、本筋とは無関係なこんな“脱線”が何度も繰り返された。

メリー 文藝春秋という看板を背負ってやってたらね、もっといいことを書いてくだすったら文春の社長にお話しして「やっといい人がわかりました」と私は言いたいけれども。

――はい。私はデスクをやり始めて3年9カ月なんですけれど……。

メリー 嘘! うちだったらまだデビューしてませんよ!

「ちょっと飯島呼んで」

そうしていよいよ“派閥問題”に話題が差し掛かった時、メリー氏のテンションは最高潮に達した。

「ジュリー以外に(誰かが)派閥を作っているという話は耳に入っていません。もし、うちの事務所に派閥があるなら、それは私の管理不足です。事実なら許せないことですし、あなた方にそう思わせたとしたら、飯島を注意します。今日、(飯島氏を)辞めさせますよ。仕事の大事なことって、そういうことだから」

メリー氏は思い立ったように男性スタッフを手招きし、記者も予想外の行動に出たのだった。

「ちょっと飯島呼んでくれない。いま飯島呼んで。どこにいるのか知らない?」

当の飯島氏を呼んで、直接説明させるというのだ。会議室全体に緊張が走ったのは誰の目にも明らかだ。これが「公開粛清」の幕開けだった。

俄に騒然とするスタッフ。同席していた事務所の男性スタッフが飯島氏に急遽連絡を取り始めた。飯島氏の都合などお構いなしと言わんばかりにメリー氏は平然と話し続ける。

「うちの娘と対立している飯島が派閥を作っていると(文春の質問状に)書いてあったら、飯島に説教するのは当たり前でしょう。派閥があるとしたら、うちの恥。文春さんだって自分の社内に派閥があったら恥ずかしいと思いませんか。あなたたちはうちの会社というものをわかっていないんです。うちはジュリーが生まれたときから、事務所がちゃんとうまくいったら跡継ぎにしなきゃいけないと思っていました。少なくとも3カ国語、4カ国語は読み書きができるようにしているし、小さい頃からミュージカルを観せてきた。

どんな派閥関係があるのかと聞かれても、私には派閥ということ自体がわからない。もっと言うとファンには派閥なんて関係ないんです。ファンは事務所じゃなくタレントについていく。そうじゃなければなんで35年間マッチにファンがついてきているんですか」

部屋を出て飯島氏に連絡を取りにいった男性が戻ってきた。メリー氏が「どうした? 飯島」と訊ねると男性は「10分ぐらいです」と答えた。

「だって、踊れないじゃない」

飯島氏の到着は呼び出しから30分ほどが経った頃だった。色の白い、ほっそりとした女性が俯き加減で会議室に入ってきた。彼女こそSMAPの育ての親である飯島氏だ。

「お世話になってます、と(文春に)言うのはおかしいですね。おはようございます。初めまして、飯島と申します」

意に染まない表情で名刺交換をする飯島氏。押っ取り刀で駆けつけたものの内心は困惑しきっていたに違いない。飯島氏は我々の右前、メリー氏の正面に座った。2人の距離は数メートル。裁判長と被告人席の位置取りだ。スタッフや記者はもう傍聴席にいるようなものだった。

そしてメリー氏はこう言った。

「どうぞ飯島に取材して。私との対立関係を聞いてください。どういうことで対立してるのか」

記者が派閥問題について単刀直入に質問すると、飯島氏は真剣な表情でこう答えた。

「私も大変困ってまして、本当に何とかしていただきたいなと思っているんです。伸び伸びとやらせていただいているので、こういう風に言われてしまっているのかなとは思うんですけれど……。私も被害に遭っている立場で、それはジュリーさんもそうだと思います」

嵐とSMAPの共演が少ないことについては、「別に、意味というのはないと思うんですけれども……」と、くぐもった声で答えた。

その瞬間だった。

「だって、踊れないじゃない?」

それまでジッと飯島氏を黙って睨みつけていたメリー氏が、堰を切ったように語り始めたのだ。

「だって(共演しようにも)SMAPは踊れないじゃないですか。あなた、タレント見ていて踊りの違いってわからないんですか? それで、そういうことをお書きになったら失礼よ。(SMAPは)踊れる子たちから見れば、踊れません」

メリー氏はここから飯島氏およびSMAPを徹底的に否定していく。

「この人(飯島氏)はSMAPが長すぎているのかもしれませんね」

「悪いけど私、飯島に踊りを踊れる子を預けられないもの」

「文春さんがはっきり聞いているんだから、対立するならSMAPを連れていっても今日から出て行ってもらう。あなたは辞めなさい」

「この人(飯島氏)なんて偉そうに派閥なんて言っているけど、じゃ、派閥の子の名前を言ってごらん?」

「もしジュリーと飯島が問題になっているなら、私はジュリーを残します。自分の子だから。飯島は辞めさせます。それしかない」

トップは「近藤真彦です」

「うちのトップはマッチです。SMAPじゃありません。失礼なこと聞かないでください」

われわれ記者に語りかける形だがメリー氏が追及の手を緩めることはない。飯島氏はずっと下を向いている。そしてついに直接こう問い質したのだった。

「飯島、うちのトップは誰!?」

メリー氏はまさに“踏み絵”を迫ったのだ。飯島氏は下を向いたまま間髪を入れず、こう答えた。

「近藤真彦です」

このときの、肩を落とした飯島氏の姿が忘れられない。大勢の前でプライドを踏みにじられ、腸が煮えくり返る思いだったに違いない。

この続きをみるには

この続き: 5,382文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。