澤穂希 レジェンドは不言実行 佐々木則夫 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

澤穂希 レジェンドは不言実行 佐々木則夫 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
日本女子サッカー界が誇るレジェンド・澤穂希(43)。その記録と記憶は、現役引退後も多くの人の心に深く刻まれている。元日本女子代表監督の佐々木則夫氏が語る。/文・佐々木則夫(元サッカー日本女子代表監督)

佐々木則夫

佐々木氏

澤穂希は間違いなく日本女子サッカー界の“顔”でありレジェンドですが、実は突出したテクニックがあるわけではありません。堅実なプレーはもちろん上手ですが、技術だけで言えば、もっとうまい選手もいます。けれど彼女には誰よりもボールを奪取する力というか、ゴールを奪う嗅覚がありました。どうやってその感覚を養ったのかと聞くと「ボールを奪わなければ攻撃にならないし、ボールを奪えば失点もしない」と言っていましたね。

監督になって最初に、澤さんにキャプテンをお願いしました。彼女は「苦しい時には私を見て」と自分のプレーでなでしこの若手選手たちに背中を見せる“不言実行”型の選手でした。1度は断られましたが「あなたでないと優勝できない」と説得して、引き受けてもらいました。澤さんのポジションをボランチに変えたのも私です。誠実で堅実なプレーをする一方、強いメンタルとゴールへの鋭い嗅覚を持っている彼女をボランチに置いたことで、なでしこジャパン全体の攻撃力と守備力が格段に上がり、女子W杯で初優勝を達成できたと思っています。

澤穂希

澤穂希

この続きをみるには

この続き: 294文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。