『闇の盾』著者・寺尾文孝さんインタビュー
見出し画像

『闇の盾』著者・寺尾文孝さんインタビュー

連絡先は非公開。当然、ホームページもなし。会費は年間2000万円で紹介制……。この謎めいた会社こそが、どんなトラブルでも処理してくれると囁かれる「日本リスクコントロール」だ。この本には、同社を設立した寺尾文孝氏が関わった政治家、官僚、芸能人、暴力団幹部とのエピソードが綴られている。

柔道3段、剣道3段の寺尾氏。もとは精鋭ぞろいの第一機動隊に所属していた警察官だったが、階級社会に違和感を覚え、5年半で退職する。

「警察官は天職だと思うくらい自分には合っていたと思うね。だから私は退職後、同期会に出ても、『俺は本籍・警視庁。いまは出向中』と言っていたんだよ」

その矜持があったからこそ、闇社会に取り込まれることがなかったという。あるとき経済ヤクザから、こんな言葉を聞かされた。

「たいていのサラリーマンは退職金の3倍の金を出せば言うことを聞く」

こんな手口で闇社会は表の世界に入り込んでくるのだ。寺尾氏は「10億ならいつでも届けまっせ」と言われたこともあったという。

「このときは自分で大規模なリゾート開発を進めていたから、その程度の金では揺るがなかったけど、何もなければ、グラッときたかもしれないな。元警視庁というプライドだけじゃあな」

と笑う。このとき相手に散々、説教したエピソードが書かれている。

ほかにも本書には、許永中や伊藤寿永光、森下安道など多くのバブル紳士が登場するが、印象に残る人物を問うと、

この続きをみるには

この続き: 318文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。