新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

逸ノ城 大相撲新風録19 ストレスを乗り越え大器がついに初優勝 佐藤祥子

文藝春秋digital

2209大相撲新風録

逸ノ城(いちのじょう、モンゴル・アルハンガイ出身、湊部屋、29歳)

ストレスを乗り越え大器がついに初優勝

新型コロナウイルスが尾張名古屋の土俵でも猛威を振るった。故障者を含む23名の関取が休場し、13部屋、計231名もの力士たちが土俵に上がれない、前代未聞の場所となってしまった。

相撲史上でも稀有な場所を制したのは、前頭2枚目の逸ノ城だった。

モンゴル出身力士の多くは首都ウランバートル生まれだが、逸ノ城は正真正銘の遊牧民。子どもの頃から羊や馬を世話し、冬は零下40度にもなる大草原で暮らしていたという。

この続きをみるには

この続き: 649文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!