文藝春秋digital
中島岳志さんの「今月の必読書」……「生命の谺 川端康成と『特攻』」多胡吉郎
見出し画像

中島岳志さんの「今月の必読書」……「生命の谺 川端康成と『特攻』」多胡吉郎

文藝春秋digital

戦争体験から読み解く川端文学の核心

川端康成の文学では、世界の美しさの中に、冷たい死の影が顔をのぞかせる。川端自身、幼いころから親族を相次いで亡くす経験を持った。川端の人生と死は密着している。

そんな川端が、戦争末期に鹿児島の鹿屋特攻基地に派遣され、海軍報道班員として約1か月間、特攻隊として命を散らす若者とともに生活したことは、あまり知られていない。これまでの研究でも、この点に深く切り込むものは限定されており、彼の「特攻」体験は軽視されてきた。

しかし、著者は綿密な調査と大胆な考察によって、通説を打ち破っていく。そして、「特攻」体験こそが、戦後の川端文学の核心部分に、大きな影響を与えたことを論じる。

川端が鹿屋特攻基地に滞在したのは、1945年の春。戦況は悪化し、滞在中も多くの若者が、眼前の飛行場から出撃していった。この時、同じ海軍報道班員として山岡荘八が基地に滞在した。山岡は積極的に取材を行い、話を聞いて回ったが、川端は脇からじっと目を凝らし、無言の観察を続けた。そして、特定の若者と深く話し込み、思いに耳を傾けた。

川端が関心を持ったのは、若者たちの愛国心や忠誠心、自己犠牲の精神ではなかった。ましてや、日本の戦力や戦況への関心はほとんどなかった。彼の鋭いまなざしが捉えたのは、「生と死の狭間でゆれた特攻隊員の心のきらめき」だった。それは思慕を寄せる女性への極私的な愛や性の疼きだった。

川端は具体的に誰から話を聞き、いかなる思いを託されたのか。

この続きをみるには

この続き: 765文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。