月曜日のお守り――伊藤理佐
見出し画像

月曜日のお守り――伊藤理佐

文・伊藤理佐(漫画家)

 断食だけは、ごめんだった。無理っ。と、思っていた。わたしにとって「ダイエット」とは「いかに自分をだますか」「ごまかすか」であり、代表「ご飯の代わりに蒟蒻」的なことであって、「ラクして痩せる」ために一生懸命だったから。「つらいことにチャレンジ」だけはイヤ。だからこれまで運動、体操で痩せられなかった。断食なんて、一番遠くにあった。なのに、なのに。

「月曜断食前」(わたしの人生の年表があるとして、紀元前、みたいな感じ)では、158センチで64キロ。48歳。産後にどんどん太って……という、言い訳も王道中の王道を突進(あれは突進だと思います……)していた。20年の付き合いのセレクトショップのおねえさんにも「リサちゃんて、もう痩せないの?」と、心配されていた。というか、困っていた。サイズないよ〜、と。聞こえていた。「もうこのサイズで生きていくんで!」と、周りに言っていた。言わなければいけないほどだった。実は、ご飯を減らす、とかコソコソやっていた。しかし、痩せるどころか、まだ太りそうで、その頃、3つ年下の、顔がウリフタツの妹が70キロまで太っていて、(こ、こうなるのか……)と、先を行く妹を眺めていた。

 話はひょんなところから、本当に「ひょん」と音がした、くらいの感じでやってきた。「仕事で、断食しませんかぁ〜」と、軽く。「月曜断食」の本を作った担当さん(前から知り合い)が、本をもっと宣伝したいので、「だれか痩せれば宣伝になるんじゃないか」と、デブを探していたのだ。そこにヒットしたわたし。わたしもちょうど、デブに飽きていた。

 実は、デブの他にも困ったことがあった。「咳」がひどくて、薬(ステロイド剤の入った吸引式のもの)を使っても治らず通院していた。原因わからず。喉が咳モードになると止まらなくなるので、いつも飴をなめている。で、なおさらデブる。咳は「血、吐く?」と思わせるようなひどい音で、映画館で映画1本の時間がもたない。ロビーに出て、咳き込まないといけない。電車で始まると、もちろんマスクをしているんだけど、嫌な顔をして車両を変える人もいたなあ。「断食」の話をいただいた日も咳き込んでいたin「月曜断食」著者の関口賢先生の関口鍼灸治療院。

「断食すると体質も改善されて、咳も止まるかもしれませんよ」って、言われたのだ。

ここから先は、有料コンテンツになります。今後、定期購読していただいた方限定のイベントなども予定しています。

★2020年1月号(12月配信)記事の目次はこちら

この続きをみるには

この続き: 1,014文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。