見出し画像

名品探訪「不朽のジュエリー」

文藝春秋digital
豊かな創造性と優れた職人技で揺るぎない地位を確立したアイコンジュエリー。人の心を動かし、虜にする魔法を秘める。/文=土橋育子、写真=赤尾昌則(ホワイトスタウト)、スタイリスト=伊藤美佐季

※文中のYG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、RG=ローズゴールド、PG=ピンクゴールド、Pt=プラチナを表します

画像10

Cartier(カルティエ) 《Panthère de Cartier》
1914年に誕生し、メゾンを象徴するモチーフとして君臨する「パンテール」。1948年にはクリエイティブディレクターのジャンヌ・トゥーサンが躍動感溢れる姿へと昇華させた。現代はスリムで端正な表情に。時代とともに歩む永遠のアイコンだ。「パンテール ドゥ カルティエ ブレスレット」YG×ツァボライトガーネット×オニキス×ブラックラッカー ¥2,719,200/カルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター☎0120-301-757)

このメゾンに、このジュエリー。 代名詞のような煌めく存在

ファッションは変わりゆくのが常。昨今はファストファッションが流行りスピードは増すばかりだが、変わらずに存在し続ける逸品がある。それが今回の“アイコンジュエリー”だ。

アイコンジュエリーとは何か? それは世界で名だたるハイジュエリーのメゾンから、その魂となる伝統、哲学、そして夢を具現化したデザインやモチーフが使われたジュエリーを指す。発表されて幅広い層に支持されると、指輪や時計など多彩なアイテムを展開。ブランドの象徴としてコレクションやシリーズ化されてきた。かつてアイコンジュエリーとして誕生しながら定着しなかったものもある。違いは、確固たるスタイルが確立されているか否かだ。時代の空気を取り入れながら普遍美を湛えてきたアートピースのような存在。選んで身につければ、あなたにも自ずとスタイルが宿る。

画像10

Chanel(シャネル) 《Comète Collection》
大恐慌の1932年、ダイヤモンド商業組合から市場復興の起爆剤として依頼され、オートクチュールの創始者として初めてハイジュエリーコレクションを発表したマドモアゼル シャネル。モチーフに「コメット(彗星)」を選んだ。彼女が幼少期に過ごした孤児院のモザイクタイルから着想を得た。大胆な彗星のリング「コメット コレクション」WG×ダイヤモンド ¥2,079,000/シャネル(シャネル カスタマーケア☎0120-525-519)

画像11

1932年に初登場のコメットがこちら。90周年の今年は新作も
©ADAGP, Paris 2021/Robert Bresson

この続きをみるには

この続き: 2,646文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!