文藝春秋digital
デジタルで祖国を守るウクライナ副首相の意外な経歴 ミハイロ・フェドロフ 世界経済の革命児|大西康之
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

デジタルで祖国を守るウクライナ副首相の意外な経歴 ミハイロ・フェドロフ 世界経済の革命児|大西康之

文藝春秋digital
ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、ミハイロ・フェドロフ(Mykhailo Albertovych Fedorov、ウクライナ副首相兼デジタル変革担当大臣)です。

世界経済の革命児_ミハイロ・フェドロフ

ミハイロ・フェドロフ
ⒸYevhen Kotenko/Ukrinform via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

デジタルで祖国を守る。ウクライナ副首相の意外な経歴

ロシアがウクライナへの侵攻を本格化した2月26日、あるツイッターでのやり取りが世界の注目を集めた。

「イーロン。あなたが火星への入植に挑戦している間に、ロシアはウクライナを支配しようとしている。あなたのロケットは無事、宇宙から帰還したが、ロシアのロケットはウクライナ市民を攻撃している。ウクライナに(イーロン・マスクのスペースXが運営する衛星ネットサービス)スターリンクを提供してくれ」

10時間後、イーロン・マスクが返信した。

「スターリンクのサービスをウクライナに提供した。追加で端末を送る」

イーロン・マスクにメッセージを送ったのはウクライナ副首相でデジタル変革担当大臣のミハイロ・フェドロフ。2019年にウクライナ史上最年少の28歳で大臣になった人物だが、元は政治家ではなく起業家である。

ロシア軍は侵攻直後にウクライナのテレビ塔を砲撃するなど、まずウクライナ国内の情報網を遮断しようとした。市民はSNSで世界に惨状を発信していたが、それも繋がりにくくなっていた。そこでフェドロフが助けを求めたのがイーロン・マスクの衛星ネットサービス。低軌道に複数の人工衛星を浮かべ、地上の受信機とやり取りする。プーチン大統領も流石に米国の人工衛星を撃ち落とすわけにはいかないだろうから、ウクライナの軍と市民の最低限の情報網は確保されたことになる。

NATOでも国連でもなく「イーロン・マスクに頼む」という機転をきかせたフェドロフとはどんな人物か。1991年1月にウクライナで生まれ、今回の侵攻でロシア軍が攻撃した原子力発電所があるザポリージャの大学で社会学、管理学、高等政治学を学んだ。ザポリージャでは「学生市長」も務めており、社会運動に積極的に参加していた。ジョン・F・ケネディが設立した非軍事の海外援助を行う政府組織USAID(米国国際開発庁)が主宰する「ザポリージャITキャパシティビルディングイニシアチブ」にも参加している。

この続きをみるには

この続き: 899文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。