ロング・バケーションから40年 永井博
見出し画像

ロング・バケーションから40年 永井博

文・永井博(イラストレーター)

今年は大瀧詠一さんのアルバム『ロング・バケーション』が発売されて40年。ジャケットのイラストを描いた私もいくつか取材をうけましたが、私からすると“ロンバケ”から、じつは42年なのです。

1979年にCBS・ソニー出版から写真家の浅井慎平さん、イラストレーターの湯村輝彦さんと、夏をテーマにしたアートブックを3冊、同時発売することになった。このとき出版社の紹介で、私の本に文を書くことになったのが大瀧詠一さんです。

私はレコードを買う金を稼ぐためにイラストを描いていたほどの音楽好きでしたが、ソウル・ミュージックばかり聴いていたので、それまで大瀧さんのことは知りませんでした。初めて顔を合わせたのは出版社の会議室。「どれくらいレコード売れているの」と尋ねたら、「3万から4万」という。「それで食えるの?」など話をしたものです。

その本のタイトルが50年代に活躍したアメリカの歌手リッキー・ネルソンの曲名からとった『A LONG V-A-C-A-T-I-O-N』。レコードの2年前に発売され、7刷までいくほど売れました。

ただ、レコードには、私はまったく関わっていません。あのアートブックをモチーフにレコードを制作しているとは、歌手のシリア・ポールから聞いていましたが、ジャケットに自分の作品が使われていることを知ったのは、アルバムの発売後です。

ジャケットのプールサイドのイラスト、じつはオリジナルを含めて4点あるのです。もともと大阪のワインメーカーの広告用に描いたもので、原画は知人にあげてしまいました。ところが『ロング・バケーション』が大ヒットしたため、作品展のたびに「あの作品を展示したい」と要望があるので、さらに3点、描いた。そのうち2点は売れましたが。後に描いたものはパラソルの角度や、プールの水面の模様が、最初のとは微妙に違います。

この続きをみるには

この続き: 876文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。