手嶋龍一さんが今月買った10冊

手嶋龍一さんが今月買った10冊の本は?

危機のシグナルを探り当てる

 あの冷たい戦争のさなか、幾多の米ソ核軍縮交渉に携わり、「核の時代の語り部」として名高いポール・ニッツェ翁に話を聞いたことがある。

「アメリカが真珠湾への奇襲を許したのは、日本海軍に睨みを効かせるべき太平洋の拠点に力の空白が生まれてしまったからだ」

 南太平洋に浮かぶ要塞の島が米本土から孤立し、その抑止力に綻びが生じてしまった。その果てに山本五十六提督が指揮する空母機動部隊を真珠湾奇襲への誘惑に駆り立てていったという。

 日本の陸海軍は、英・米・蘭の植民地を標的に襲いかかって戦端を開こうとしている――アメリカの統帥部はそう思い込んでいた。ロバータ・ウォルステッターは大著『パールハーバー 警告と決定』のなかで、かかる思い込みが「ノイズ」となって災いし、真珠湾への奇襲を窺わせる「シグナル」をかき消してしまったと独創的な知見を披露している。

 ホノルル発の諜報電は、真珠湾の泊地を細かく区分けして米艦隊の動きを逐一東京に知らせていた。そして日米交渉が暗礁に乗りあげると、領事館の暗号装置を破壊せよと命じ、開戦に備えるよう訓令を発したのである。アメリカの諜報当局は、これら日本の外交暗号「マジック」などを次々に解読し、迫りくる危機の足音を察知していた。

 だが、日本海軍の魚雷は水深が浅い真珠湾では使えず、艦載機も航続距離が短いため、真珠湾攻略は難しいと高度の防御態勢を敷こうとしなかった。情報の洪水のなかから危機を告げるシグナルを見分けるのは容易でなく、警告を生かして具体的な行動に出るのはさらに難しい。

この続きをみるには

この続き: 1,182文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……「活字エンターテインメント」のすべてがここにある。

文藝春秋digital

月額900円

シェアしたくなる教養メディア。発行部数No.1の総合月刊誌「文藝春秋」が、月額900円であなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届け...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。もっともっと面白く、クオリティが高いコンテンツを作っていけるよう、頑張ります。

ありがとうございます!
2
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。 Facebook:https://www.facebook.com/bungeishunju/