クイズ「私は誰でしょう?」小さな大物|独立直後にがん発覚! 人生のどん底から見事復活した人物は?
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

クイズ「私は誰でしょう?」小さな大物|独立直後にがん発覚! 人生のどん底から見事復活した人物は?

信輔0歳 赤ちゃん

【ヒント】
独立直後にがん発覚! 人生のどん底から見事復活した人物は?

「小4の時、子ども祭りの野外ステージで司会をして、その楽しさに開眼しました。児童会長をやったのも朝礼の時に話せるから。マイクを通した自分の声を聴くのが好きだった(笑)」

フジテレビに入社後、看板アナウンサーとして活躍する傍ら、取材や原稿書きまでこなし「とくダネ!」などの人気番組を支えてきた。

56歳でフリーアナとして独立直後に悪性リンパ腫が発覚。自らの病状を隠さずに発信し続ける姿が、多くの人に感動を与えた。

「がんになって気づいたのは、SNSやネットは実は弱者のためのものだということ。これまで、ネットの闇の部分ばかりを報道してきましたが、自分が病気になって初めて、SNSで人とつながる温かさを知りました。病人や障碍者、高齢者など弱い人ほどオンラインが外の世界とつながるための生命線になる。新型コロナが長引き、孤立している病人も多い今、『病室にWi−Fiを』という運動に取り組んでいます」

この続きをみるには

この続き: 682文字 / 画像12枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。