船橋洋一の新世界地政学 「人が政策」バイデン政権のアジア戦略
見出し画像

船橋洋一の新世界地政学 「人が政策」バイデン政権のアジア戦略

今、世界では何が起きているのか? ジャーナリストの船橋洋一さんが最新の国際情勢を読み解きます。

政権交代のたびに政治任用者が大挙して政権入りする米国はどこにもまして「人が政策(Personnel is policy)」である。バイデン政権ではどんな人が、外交・安保政策、なかでもアジア政策をつくるのか。

バイデン(座談会)

バイデン大統領

政策全般の理念と方向の筋立てを書き、政策の各省調整を行う大統領補佐官(NSA=国家安全保障担当)には44歳のジェイク・サリバンが就任した。オバマ政権(2期)時代、バイデン副大統領のNSAを務めた。イランとの核合意をまとめ上げた交渉力には定評がある。米国が中国政策で揺れ動く中、幻想ゼロの対中外交の必要性を痛感した。6年前、私たちのシンクタンク(アジア・パシフィック・イニシアティブ=API)は彼を日本に招き、日本政府の要路と意見交換の場を設けたことがある。サリバンが「中国観をめぐっては米国では世代間で違いがある。年配層に比べて自分たちの世代は中国に対して冷めており、より現実主義的なアプローチを志向している」と語っていたのを思い出す。

ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)においてアジア政策でサリバンを支えるのがカート・キャンベルである。今回、新設のインド太平洋政策調整官に就任した。キャンベルは米国きっての戦略家であり、アジアに深い人脈を築いてきた。オバマ政権(1期)では国務次官補としてアジア重視のリバランス政策を考案した。ただ、中国の南シナ海攻勢や地経学的攻勢に押されて、この政策を十分に展開できなかった挫折感を抱いている。

サリバンとキャンベルは、フォーリン・アフェアーズ誌の論文で、これまでの対中関与政策が「失敗」だったことを認めた上で、中国に「競争と共存」の両様作戦で臨むべきだと主張している。「共存とは、問題を解決するというより条件を管理するものとしての競争を受け入れること」と定義するのだ。競争的共存と言ってもよい。

この続きをみるには

この続き: 1,226文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。