見出し画像

ミスターが感じた「銅メダルの重み」|短期集中連載「長嶋茂雄と五輪の真実」最終回

短期集中連載「長嶋茂雄と五輪の真実」の最終回。悲願の金メダルではなかったが──。苦痛で一瞬、顔が歪んだ。/文・鷲田康(ジャーナリスト)

※第2回を読む。

エースを襲ったアクシデント

「思ったよりボールが(自分の身体の)内側に入って目を離してしまいました」

西武・松坂大輔はその瞬間をこう振り返った。

2004年8月17日。アテネ五輪野球の日本代表は、アテネ郊外にあるエリニコ・オリンピック・コンプレックス内のメイン球場で、金メダルへの最大のライバルとなるキューバとの試合を戦っていた。

日本は2回に西武・和田一浩のツーランで先制すると、4回にはダイエー・城島健司と近鉄・中村紀洋の連続アーチで2点を追加。4対0と試合を優位に進めていたが、アクシデントがエースを襲ったのである。

4回1死からキューバの3番、ユリ・グリエルの強烈なライナーが松坂を直撃した。

グリエルが打った瞬間に、松坂は体を捻ってボールを避けようとしたが、それが逆にボールから目を離すことになってしまった。打球は右肘の上を直撃。3塁線に跳ねたボールを追いかけ、一度はそのボールを拾い上げたが、タイムがかかると同時にポロリと地面に落とした。ベンチから慌ててヘッドコーチの中畑清が駆け寄った。

ベンチ裏に引っ込んで治療を受けた松坂。しかしアクシデントにも気力は全く衰えていなかった。

「一瞬しまったと思いましたけど大丈夫。自分から『投げたい』と言いました」

画像1

松坂大輔

この松坂の気迫とともに、続投を躊躇する首脳陣を押し切ったのは、女房役の城島の冷静な声だった。

「次に一球投げて、もしオレがダメだと思ったら、ベンチに交代のサインを出します」

アイシングとテーピングによる治療をして再び上がったマウンド。4番のオスマニー・ウルティアへの初球は141㎞で、初回の154㎞から13㎞もダウンしていた。しかもウルティアには中前安打を許して1、2塁とピンチは広がった。

しかし城島は、ベンチに降板のサインを出そうとはしなかった。

「長嶋(茂雄)監督のために、何としても踏ん張って勝とうという気持ちで一杯だった」

こう語るエースのボールに「しっかり指にかかっていたし、意思のある球だった」と城島も手応えを感じたからだった。

すぐさま球速が150㎞台に戻ると、続くフレデリク・セペダとアリエル・ペスタノを連続三振に仕留めてピンチを切り抜ける。9回に3失点して救援は仰いだが、8回までキューバ打線を四安打無失点に抑える完璧なピッチングを披露。日本は6対3でキューバを破り、松坂自身もシドニー大会に続く2度目の五輪出場で初勝利を手にした。

画像2

城島健司

長嶋からのメッセージ

「とにかくキューバに勝たない限り金メダルには手が届かないと思っていた。ある意味、そこに全精力を注いでいたということも言えるくらいキューバ戦を重視していたのは間違いなかった」

チームを指揮した中畑は言う。

プロアマ混成チームで臨んだ4年前のシドニー五輪では、予選リーグと準決勝で、いずれもキューバに敗れて涙を飲んだ。その後も公式戦でアマ球界最強と言われたキューバ軍団相手に苦杯を舐め続けてきた。

「チームを結成したときから、全勝で金メダル、というのが前提のチームでしたから。最初からキューバに勝つことが絶対条件だと思って臨んでいました」

こう語るのは先制アーチを放った和田一だった。

その思いに拍車をかけたのは、この日の試合前、球場に向かうバスの中で読み上げられたメッセージだった。送ってきたのは3月に脳梗塞で倒れ、日本でリハビリの日々を送る監督の長嶋茂雄だった。

この続きをみるには

この続き: 7,879文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。