見出し画像

渥美清 いつでもどこでも寅さん 山田洋次 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital

「男はつらいよ」シリーズで主人公の車寅次郎を演じ続けた渥美清(1928~1996)。監督の山田洋次氏が“寅さん”の素顔を語った。/文・山田洋次(映画監督)

山田洋次

山田氏

僕の人生で、渥美さんという天才的な役者と巡りあえたことはものすごい幸運でした。2人が出会えたことで“寅さん”が誕生したんだから。

渥美さんは、若い頃に肺結核で右肺を全摘するというハンディキャップを背負っていたせいか、弱い立場の人々に温かかった。寅さんが誰からも好かれるのは、そんな渥美さんの人間性によるんじゃないかな。

渥美清

渥美清

この続きをみるには

この続き: 534文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。