「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

船橋洋一 新世界地政学129 経済制裁とは「戦争よりすさまじいもの」

文藝春秋digital
今、世界では何が起きているのか? ジャーナリストの船橋洋一さんが最新の国際情勢を読み解きます。

経済制裁とは「戦争よりすさまじいもの」

ウクライナ戦争では、米欧日など30カ国以上がロシアに対して広範な経済制裁を行っている。ロシアの主要銀行をSWIFTから排除し、ロシアの中央銀行の外貨準備(6400億ドル)のうち米欧日などの中央銀行で保管・運用している3000億ドルにのぼるドル、ユーロ、円などの外貨準備を凍結。ロシアからの石油、ガス、石炭の輸入をできるだけ禁止する。ロシアからの輸入への貿易上の優遇措置である最恵国待遇適用を撤回する、などである。

なかでも外貨準備の凍結はロシアがルーブルの暴落を防ぐための介入資金を遮断することでもあり、金融制裁の“核オプション”と言われてきた。ただ、プーチンはいま「ルーブルは、危機の前の水準に戻っている。彼らの制裁は失敗した」と勝ち誇ったように語っている。実際、ルーブルはほぼ危機前の水準まで持ち直している。

しかし、経済制裁は始まったばかりだ。戦争は泥沼化の様相を呈している。ロシアによるさらなる大規模な民間人殺戮や戦術核使用などがあれば、凍結したロシアの外貨準備を没収する(liquidate)こともありうる。休戦協定、さらには平和協定が結ばれるにしても、ウクライナの対ロシア交渉上の最強のカードはこの経済制裁となるだろう。経済制裁は長期化すると見て間違いない。米国の北朝鮮とイランに対する経済制裁はそれぞれ70年、15年以上続いている。

それでも、核保有国のロシア相手の経済制裁には大きな課題があることも認識しておく必要がある。ロシアの経済を窒息させ、プーチンに対する国内の批判を強めることはできる。しかし、軍は軍需品も石油も自給体制が確立しており、制裁に対する耐性が強い。金融・財政も、毎日、10億ドルのエネルギー関連収入が国庫に入ってくる。インドなどの「中立国」がロシアからの石油やガスを格安で買い付ける動きも報道されている。

より重要なことは、ロシアに対する経済制裁の目的は何なのか、という点である。戦争を終結させることなのか。プーチンを失脚させることか。それとも体制を転換させることまで視野に入れるのか。

制裁のトレードオフと費用対効果も見定める必要がある。経済制裁は相手の政治体制より一般社会を傷つけるのではないのか? また、制裁相手より制裁する当事者をより傷つけることにならないか?

この続きをみるには

この続き: 1,003文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。