見出し画像

梯久美子さんの「今月の必読書」…『漱石と鉄道』

なぜ文豪は、汽車を憎みつつ愛したのか

夏目漱石の「草枕」にこんな一節がある。

〈人は汽車へ乗るという。余は積み込まれるという。人は汽車で行くという。余は運搬されるという。汽車ほど個性を軽甫したものはない〉

だが漱石が汽車嫌いだったと思うのは早計のようだ。漱石の小説に、汽車や市電がしばしば登場することには気づいていたが、本書を読むと、漱石がいかに頻繁に汽車旅をしていたかにあらためて驚く。

東京に近いところでは御殿場線、横須賀線、甲武鉄道、総武鉄道。北に目を向ければ、東北を走っていた日本鉄道や長野へ向かう信越線。西なら関西の私鉄や山陽鉄道。そして九州鉄道に伊予鉄道。漱石が乗った路線を、著者は当時の時刻表を片手にたどる。

ロンドンの地下鉄にも乗りに行くし、旧満州と朝鮮半島の紀行文「満韓ところどころ」のルートも追いかける。そして、作品はもとより、日記や手紙、漱石の研究書、当時の旅行案内書、風俗史や戦史までを縦横に引いて漱石の旅を再現するのだ。

へえっ、と思うエピソードがいくつも出てくる。たとえば明治42年、ハルビン駅で暗殺された伊藤博文との縁。2人はごく近い時期に満州に行っており、漱石が帰路についていた頃、伊藤は大陸に向かっていた。

〈帰るとすぐに伊藤が死ぬ。伊藤は僕と同じ船で大連へ行って、僕と同じ所をあるいて哈爾賓で殺された。僕が降りて踏んだプラトホームだから意外の偶然である〉(寺田寅彦宛て書簡より)

どこかで2人がすれ違っていたかもしれないと考えた著者は、漱石の日記、伊藤の伝記、時刻表、新聞記事などをもとに、それぞれが乗った列車と船を特定する。そして、東京に帰る漱石が乗った上り列車と、下関港に向かう伊藤が乗った下り列車が、大阪―神戸間ですれ違っていたことを突き止めるのである。

だが本書は、文豪の旅を追体験する紀行ガイドブック、というようなものではまったくない。

著者は前書きで〈漱石は鉄道を憎みつつ愛した〉と書いているが、読み進めるうちに、その〈憎〉も〈愛〉も、日本の近代と濃厚に絡み合っていたことがわかっていく。

鉄道は、スピードと利便性を重視し、技術を信奉する価値観を、欧米からもたらした。それは日本が前近代から近代へと脱皮する推進力となったが、漱石は近代の象徴たる鉄道に魅せられつつ、同じくらい強く、人間が疎外されていく不安を感じていた。

近代というものの圧倒的な力を英国留学でいちはやく体験し、打ちのめされ、疲れ果てながら、作品を生んだ漱石。その精神史の一端を、鉄道とのかかわりに着目することで浮かび上がらせた労作である。

(2020年7月号掲載)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
8
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。