見出し画像

【5/12(水)19時】いきものがかり・水野良樹さん公開インタビュー〈「うた」に乗せて——人に届く「ことば」〉を開催します

◆いきものがかり「うた」と「ことば」の秘密に迫ります

2021年にメジャーデビュー15周年を迎えた、いきものがかり。彼らの音楽は、老若男女多くの人びとの心に寄り添い、数々の人生を彩っています。

いきものがかりの歌は、なぜ心の琴線に触れるのでしょうか。

リーダーの水野良樹さんは今年4月、『うた/ことばラボ 「うた」と「ことば」についての14の対話』を上梓しました。同書では、水野さんが「聞き手」となって14人の音楽家・表現者と対話し、人々の心を豊かさへと誘う「うた」と「ことば」の不思議な関係について深く掘り下げています。KIRINJIの堀込高樹さん、秦基博さん、一青窈さん……第一線で活躍する音楽家たちが、水野さんの「問い」に対し、自らの「ことば」で音楽活動の核心を語っています。

今回の文藝春秋digitalウェビナーでは、そんな水野さんに「人に届くことば」をテーマに公開インタビューを行います。いきものがかりの「うた」と「ことば」が私たちを魅了し続ける理由とは——。ふるってご参加ください。

◆イベント概要

イベント名:「うた」に乗せて——人に届く「ことば」

出演:水野良樹(いきものがかり) 聞き手・松井一晃(「文藝春秋」編集長)

日時:5月12日(水)19時〜20時30分(予定)

料金:文藝春秋digital会員は無料(それ以外の方は900円でご参加いただけます)

◆水野良樹 プロフィール

ソングライター。1982年、神奈川県生まれ。99年に、吉岡聖恵、山下穂尊といきものがかりを結成。2006年にメジャーデビュー。国内外を問わず、様々なアーティストに楽曲提供するほか、雑誌、ウェブでの連載執筆など幅広い分野で活動している。自身が立ち上げたウェブサイト「HIROBA」でも様々なコンテンツを発表している。

◆参加申し込みURL

この続きをみるには

この続き: 129文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
9
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。