新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

平松洋子さんの「今月の必読書」…『東京ルポルタージュ』石戸諭

文藝春秋digital

あの頃の“首都”を剔出する

先日、あるオリンピック関係者と話したときのこと。“次にオリンピックが巡ってくるとしても半世紀も先だから、終わったオリンピックの細部を検証するカネも時間も無駄”と言うのを聞いて唖然とし、現実の細部にこそ見る/知るべきものがあるのに、と唇を噛んだ。

本書は、副題が示す通り「疫病とオリンピックの街」を歩き、耳を澄まし、目を凝らしながら2020~21年の東京を描くルポルタージュだ。初出が週刊誌だと知れば、かつて1963~64年、つまり東京オリンピック前後、開高健が「週刊朝日」に連載してまとめた『ずばり東京』を連想せずにいられない。しかし、決定的な違いがある。まず、57年後の祭典は新型コロナウィルスのパンデミック下にあり、疫病と時代が交わった。ノンフィクションライターの著者は、「取材」という行為によって渦中を歩き続ける。

全31編。独自の嗅覚を働かせた人選によって、隣人たちの現実を描き出す。新宿ゴールデン街で伝説のゲイバーを営んできた老人。下北沢のライブハウスのオーナー。政治家。大学生。ホストクラブの経営者。靴磨きの青年。歌舞伎町で源氏名を名乗り、「鬼滅の刃」をよすがとして生きる女性。国内外に顧客をもつテーラー。医師。薬物依存症を克服する芸能人。パラリンピックに出場するアスリート……ひとりひとりは21-22年を読み解くパズルのピースとしての存在であり、同時に社会の諸相の語り手である。

この続きをみるには

この続き: 765文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。