大相撲新風録 明生|佐藤祥子
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

大相撲新風録 明生|佐藤祥子

大相撲新風録_明生

明生(鹿児島県大島郡瀬戸内町出身、立浪部屋、26歳)

世界遺産の島が生んだ期待の新星

世界遺産に登録され、慶びに沸き上がっている鹿児島県の奄美大島。相撲の盛んなこの離島で、のびのびと生まれ育ったのが明生だ。本名は川畑明生。幼い頃から地元の相撲クラブに通い、「メイセイ、メイセイ!」と可愛がられていたことから、四股名をそのまま「明生」としたという。先の七月場所後、横綱に昇進した照ノ富士とは同期生で、いまどき貴重な中学卒の“叩き上げ”力士でもある。

明生が力士を志した2011年3月、当時の大相撲界は激震の中にあった。俗に言う“八百長メール問題”が発覚し、三月場所開催を断念していたのだ。それでも未来の横綱を夢見て、はるばる上京した15歳の明生は、新弟子検査を受検し、次の5月技量審査場所で初土俵を踏んだのだった。

以来、コツコツと番付を上げて18年7月には新入幕を果たす。左腕のケガで十両に2度陥落したものの、その稽古熱心さには定評があり、スピード感あふれる四つ相撲を研いてきた。今年三月場所では大関正代、貴景勝を破って初の敢闘賞を受賞する。「三賞の賞金で、父の欲しがっていた釣り船を買ってあげたい」と木訥な笑顔を見せる孝行息子でもあるのだ。

180センチ151キロの体は、けして恵まれた体とは言えないが、7月の名古屋場所では新三役の小結として土俵に上がり、「ずっと目標にしていた」という師匠立浪親方(元小結旭豊)の番付に追い付いた。奄美大島出身では初の三役力士となり、地元では明生を応援する大きな横断幕が、そこかしこに掲げられていたという。初日には進退を賭けて臨んでいた横綱白鵬に挑み、がっぷり四つに組んで土俵際でもつれる大熱戦を見せてくれた。千秋楽には8勝7敗と勝ち越して三役の座を守り、来たる九月場所には、さらなる期待が寄せられている。

元横綱朝青龍の甥っ子として注目を浴びる豊昇龍と同部屋で、コロナ禍で出稽古が禁止されているなか、互いに切磋琢磨する日々を送っている。ちなみに苦手な食べ物は果物だというが、唯一、地元の名産である「パッションフルーツだけは食べられるんです」と笑う明生。

世界遺産となった故郷をさらに沸かせ、その名を轟かせてゆく“新星”だ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。