見出し画像

原田マハさんの「今月の必読書」…『ファン・ゴッホの手紙 (Ⅰ)・(Ⅱ)』

選ばれた265通から浮かび上がる人間像

もしもゴッホが現代に生きていたら? 家族や友人に秒速でメールを連打する。心の中に浮かぶ言葉のままにツイッターでつぶやく。描き上がったばかりの絵を速攻でインスタにアップ。「いいね!」を数えてひとりでにやけ、いつしか世界的なインフルエンサーになったりして。

などと想像してみるのは楽しいものだが、ゴッホが生きていたのは130年以上もまえのことである。とはいえ、歴史の時間軸でとらえれば、それほど昔むかしのことではない。私も19世紀末のパリを舞台にした美術系小説を数多く書いてきたが、その理由の一つとして挙げられるのは、この時代は現代と地続きになっているという感覚があるからだ。しかし、今世紀になってからの情報産業の飛躍的な発展とコミュニケーションの多様化は、19世紀を生きていた人々には、いかなる未来学者であれ、決して想像することはできなかったであろう。

ご存知のように、フィンセント・ファン・ゴッホは生前ほとんど認められることなく37歳で自らの命を絶った(と言われている)。いまでこそ、彼の名前を冠した展覧会を開けば入口には大行列ができ、晩年に描かれた作品がオークションに登場しようものなら時価100億円を下らないと言われている。美術史上最もその名を知られる画家——というのが当たり前の現在、なにゆえにゴッホはこれほどまでに知名度を上げたのか。その背景について考えたことがある人は、実はさほど多くないのではないか。かく言う私も、長らく「なぜ?」と問うことがなかった。

この続きをみるには

この続き: 671文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
8
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。