文藝春秋digital
金丸信 金塊は北朝鮮からではない 金丸信吾 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

金丸信 金塊は北朝鮮からではない 金丸信吾 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
金丸信(1914~1996)は、1987年に盟友・竹下登と共に経世会を設立。「キングメーカー」として時の政権を動かしてきた。だが、92年に発覚した東京佐川急便事件で議員辞職に追い込まれ、逮捕から3年後に逝去。波乱の政治人生を、次男で秘書だった信吾氏が振り返る。/文・金丸信吾(元秘書)

語り手金丸信吾

金丸氏

未だに多くの人が信じているんじゃないですか、金丸信は北朝鮮から金塊をもらったって。事実無根です。たしかに自宅に金塊はあったけれど、金丸夫人(悦子氏)が財テクとして田中貴金属から購入したもの。もちろん刻印が入っているし、取引証明書もあった。検察が強制捜査で発見したように報じられているけど、実際は、私が検察に提出したんです。金丸は北の出身だとか、当時は本当にでたらめな報道が多かった。

北朝鮮には、抑留されていた富士山丸の船長と船員を救出するため、1990年9月に訪問。そこで金日成からいきなり「日朝国交正常化を進めたい」と切り出されたんです。オヤジは大の共産主義嫌いでしたが、北東アジアの安定のために必要だと判断し、国交正常化交渉が始まりました。しかし、日本国内では右翼に「国賊」と批判された。

オヤジの最後の夢は政権交代可能な二大政党制の実現でした。社会党の田辺誠さんには「社会党の右派と一緒に割って出てくれ。俺は経世会を全員連れて出る。金は俺が作る」と協力を仰ぎ、新党作りの資金をかき集めていました。

金丸信

金丸信

この続きをみるには

この続き: 252文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。