見出し画像

『文藝春秋digital』2021年4月ラインナップ

■会員限定イベント

【終了】エンタメ小説誌 編集長サミット〜エンタメ小説の「今」と「これから」【アーカイブあり】
【終了】大木亜希子×スイスイ まる裸の文章論【実践編】オンラインミーティングを開催します【アーカイブあり】
【終了】古賀史健オンライン文章講座「書くことは、考えること」を開催します【アーカイブあり】
【5/12(水)19時】いきものがかり・水野良樹さん公開インタビュー〈「うた」に乗せて——人に届く「ことば」〉を開催します
【5月24日(月)19時〜オンライン開催】上出遼平×石戸諭「レガシーメディアの逆襲——テレビと出版の未来について」

■文藝春秋digitalの配信予定記事(2021年5月号)

▼4月6日
東京五輪はバッハの喰い物にされた|後藤逸郎
小池百合子のコロナ対策を再検証する|石戸諭

▼4月7日
GHQが奪った天皇家の財産|奥野修司
松本隆「僕が出会った天才作曲家たち」

▼4月8日
菅義偉「ファミリー」の研究|森功
誰が官僚を殺すのか|古川貞二郎

▼4月9日
バイデン「たくましき男」の履歴書|藤崎一郎
日本共産党委員長、中国共産党を批判する|志位和夫

▼4月10日
私は河村たかしの嘘を許さない|大村秀章
「東大女子」のそれから|秋山千佳

▼4月11日
「四月解散説」急浮上の舞台裏

▼4月12日
日米豪印で中国の野望を封じる|茂木敏充

▼4月13日
長嶋茂雄「これが日の丸のプレッシャーか」

▼4月14日
内田也哉子×西川美和「すばらしき『家族の苦しみ』」

▼4月15日
韓国「#学暴MeToo」の無間地獄|金敬哲

▼4月16日
女王はメーガン妃を許さない|君塚直隆
ワクチン、打ってきました|塩野七生

▼4月17日
柴咲コウ×福岡伸一「ウイルスに勝つ」という幻想

▼4月18日
「変異株」を恐れすぎるな|小野昌弘

▼4月19日
マスクを外して低山を往く|萩原浩司
朝のお粥の習慣|ウー・ウェン

▼4月20日
「チェアリング」のすすめ|パリッコ・ラズウェル細木
池の眺めと善悪|町田康

▼4月21日
コロナ太り解消、まずはストレッチ!|中野ジェームズ修一
ピンチはチャンス|川内優輝

▼4月22日
心を癒しに美術館を歩こう|景山由美子
将棋短歌|先崎学

▼4月23日
本気で笑える映画、泣ける映画|芝山幹郎
ハコウマに乗って|西川美和

▼4月24日
日本の鉄はなぜ世界で勝てないか|大西康之
ミス・サンシャイン|吉田修一

▼4月25日
みずほ銀行「システム障害」は人災である|森岡英樹
日本の地下水脈|保阪正康

▼4月26日
上野千鶴子×有働由美子 ウエノ先生、私も「在宅ひとり死」できますか
「女性」総長退任の辞|田中優子

▼4月27日
ニッポンの社長「西松屋」
新世界地政学|船橋洋一

▼4月28日
令和の開拓者たち「小津野将」|伊田欣司
不思議な糸に導かれ|藤原正彦

▼4月29日
昭和天皇を支えた「英国王のスピーチ」|梶田明宏
私達らしいあり方|牧野紗弥

▼4月30日
司馬遼太郎『坂の上の雲』大講義 最終回|片山杜秀・佐藤優
あいにいきたい|おとど

■オリジナル連載記事

山崎豊子原作・マンガ「大地の子」
秋山千佳「“東大女子”のそれから」
中村計「イップスの正体」
小林直己「EXILEになれなくて」
藤崎彩織「ねじねじ録」
高橋ユキ「子どもが危ない!」
森功「新・現代官僚論」
辻田真佐憲「SNS言論検証」

■バックナンバー

・2019年9月号記事一覧はこちら>>
・2019年10月号記事一覧はこちら>>
・2019年11月号記事一覧はこちら>>
・2019年12月号記事一覧はこちら>>
・2020年1月号記事一覧はこちら>>
・2020年2月号記事一覧はこちら>>
・2020年3月号記事一覧はこちら>>
・2020年4月号記事一覧はこちら>>
・2020年5月号記事一覧はこちら>>
・2020年6月号記事一覧はこちら>>
・2020年7月号記事一覧はこちら>>
・2020年8月号記事一覧はこちら>>
・2020年9月号記事一覧はこちら>>
・2020年10月号記事一覧はこちら>>
・2020年11月号記事一覧はこちら>>
・2020年12月号記事一覧はこちら>>
・2021年1月号記事一覧はこちら>>
・2021年2月号記事一覧はこちら>>
・2021年3月号記事一覧はこちら>>
・2021年4月号記事一覧はこちら>>

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
11
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。