本上まなみさんが今月買った10冊

本上まなみさんが今月買った10冊の本は?

寛容な空気の中で

『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』はヒョウ柄に金の箔押し(題名めちゃ読みにくい)、書店でもダントツの濃ゆーい目立ち方をしていました。そう、近鉄の「いてまえ打線」って感じ。「やっちまえ」みたいな意味ですけどね、いいね。カバーを取ると本体はゼブラ柄だし、中身は濃い人ばっかり出てくるぎゅっと詰まった336ページ。大阪文化への愛溢れる、どこから読んでも惜しみなく笑わせてくれる対談集です。

 対談相手の1人、3歳からおばちゃんだったという「全日本おばちゃん党」の谷口真由美さん(私と同い年)はオバハンとおばちゃんの違いを明快に示し、おばちゃんになるのはある種の女性解放だと仰います。仲野教授曰く、大阪のおばちゃん的人間はグローバル化に適している、と。確かにおばちゃんが元気な街は、行政主導の何かよりずっと血の通ったコミュニティが生まれるのは容易に想像ができる。外交とかも絶対得意なはずです。他にもソースについて語る人、関西の私鉄に熱い人など、偏愛の人が次から次から。

 私は大阪で育った割にオチがない話をしてしまう〈あかんヤツ〉だったのですが、この本では「おもろいヤツ」「けったいなヤツ」以外はただの大阪市民、ということが書かれており、自分がほんまのただの人ということが再認識されましたね。とほほ。だけど〈あかんヤツ〉でもこうしてのびのび過ごしていましたし、やっぱり大阪ってあったかい街なんだと思いました。

 大阪文化にたっぷり浸ったあとはブレイディみかこさんの一冊、『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』を。

ここから先は、有料コンテンツになります。記事1本ごと100〜200円で購入するよりも、月額900円で70本以上の記事が配信される定期購読マガジン「文藝春秋digital<シェアしたくなる教養メディア>」の方がお得です。今後、定期購読していただいた方限定のイベントなども予定しています。

この続きをみるには

この続き: 1,155文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
8
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。